シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。

別の国を選択し提供している製品をご覧いただけます。また、グローバルWebサイトでは会社情報をご覧いただけます。

別の国または地域を選ぶ

    • Computer technician in server room, data center operations

      StruxureWare Data Center Operation

    • 読む

      • Read more about Schneider Electric solutions

        ガートナーのマジッククワドラントで、シュナイダーエレクトリックがデータセンターインフラ管理のリーダーとして認定

        シュナイダーエレクトリックは、世界有数のIT調査および顧問会社であるガートナーが作成したレポート『マジッククワドラント』で最高ランクに認定されました。マジッククワドラントの評価プロセスでは、数か月にわたる厳正なプロセスにおいて主要なテクノロジー市場で定められた基準を満たすベンダーにランキングが付けられます。レポートはこちらからお読みいただけます。

        続きを読む
      • Read more about Schneider Electric solutions

        StruxureWare Data Center Operation - データシート

        すべてのモジュールを含むStruxureWare Data Center Operationの概要を示す製品パンフレットです。

        続きを読む
      • Read more about Schneider Electric solutions

        StruxureWare Data Center Operation for Colocation - データシート

        すべてのモジュールを含むStruxureWare Data Center Operation for Colocationの概要を示す製品パンフレットです。

        続きを読む
      • Read more about Schneider Electric solutions

        ホワイトペーパー#118 仮想化とクラウドコンピューティング: 最適化された電源、空調、およびマネジメントがメリットを最大化

        クラウドコンピューティング進展のエンジンであるITの仮想化は、データセンターの物理インフラに重要な結果をもたらす可能性があります。頻繁に発生する高電力密度が、既存のシステムの冷却能力に影響を与える可能性があります。通常物理サーバーの統合によって発生する総エネルギー消費量の削減は、データセンターのPower Usage Effectiveness(PUE)を実際に悪化させる可能性があります。ラックレベルの電力と冷却の健全性が認識および考慮されない場合、時間と場所によって変動する動的負荷がダウンタイムのリスクを高める可能性があります。最後に、高度に仮想化された環境の耐障害性が、物理インフラに求められる冗長性レベルに関する問題を引き起こす場合があります。これらの仮想化固有の影響は議論が重ねられ、これら対処のためのソリューションや手法が提案されています。

        続きを読む
      • Read more about Schneider Electric solutions

        ホワイトペーパー#173コロケーションデータセンターでITを導入するための電源および空調のガイドライン

        コロケーションデータセンターのテナント候補の中には、電源と空調のベストプラクティスが強要的なものとみなす企業もあります。しかしながら、効果的かつ受け入れられるポリシーでは、発熱によるシャットダウンやヒューマンエラーによるダウンタイムを短縮し、活用されていない容量を削減し、最初にリースで取得した分の寿命を延ばして、過剰な容量によるコストを回避します。このホワイトペーパーでは、データセンターのコロケーション設備で電源や空調、スペースが活用しきれていない原因を説明し、高密度ラックへの電力供給、エアコンテイメントなどで可用性と効率をどのように向上できるかを解説します。また、これらの問題を示す受け入れることのできるポリシーの例を示します。

        続きを読む
      • Read more about Schneider Electric solutions

        ホワイトペーパー#170DCIMソリューションの評価と導入に共通する落とし穴を回避する

        多くの場合、データセンターインフラ管理(DCIM)ソフトウェアへの投資には大きなメリットがありますが、メリットが得られない場合もあります。調査によって、DCIMソリューションの評価と導入では、エンドユーザーが回避すべき落とし穴が多数あることが判明しています。不適切なソリューションの選択、不適切なプロセスへの依存、関与/所有者/知識の欠如によって、選択したツールセットが設計で想定された価値を実現する能力が損なわれることもあります。このホワイトペーパーでは、このようなよくある落とし穴に関する説明と、回避のための実用的な指針を提供します。

        続きを読む
      • Read more about Schneider Electric solutions

        ホワイトペーパー#107データセンター物理インフラ管理ソフトウェアによる計画改善と運用コストの削減

        経営層の多くが、「データセンターをコストセンターからビジネス価値を生み出す存在へと変革する」という課題への対応をIT担当者に求めています。データセンターは、ビジネスが市場の要求により素早く対応できるようにすることによって、最終損益に大きな影響を与えることができます。このホワイトペーパーでは、多くの実例を紹介しながら、データセンターインフラ管理ソフトウェアツールによって、運用プロセスの簡易化、コストの削減、情報配信の迅速化を実現する方法について説明します。

        続きを読む
      • Read more about Schneider Electric solutions

        ホワイトペーパー#161データセンターの電力コストとCO2排出量をITユーザーへ配分するには

        電力コストおよびCO2排出量を測定してITユーザーへ配分するには、複雑なソフトウェアや計測機器が必要となるのでしょうか。簡単かつ低コストな方法で、電力コストおよびCO2排出量を配分することはできないのでしょうか。また、測定にはどの程度の精度が必要となるのでしょうか。本ホワイトペーパーでは、電力コストおよびCO2排出量の配分に関する対策の概要と測定精度について説明します。また、どのようなタイプのデータセンター、それは大小、新旧に関わらず、電力コストやCO2排出量の配分をすることは簡単であり低コストで実現ができます。しかしながら、過度な精度を追求すると、経費と複雑性が増し、ROIが低下することにもなります。

        続きを読む
      • Read more about Schneider Electric solutions

        ホワイトペーパー#171 データセンターの物理インフラを所有とアウトソーシングの比較検討

        既存のデータセンターをアップグレードするか、新しいデータセンターを構築するか、または小売コロケーションデータセンターをリースするかを決定する際には、量的違いと質的違いを考慮する必要があります。10年間のTCOを考えると、アウトソーシングよりアップグレードや構築の方が有利です。しかしながら、このホワイトペーパーで言及するのは、経済性よりもキャッシュフローや現金収支の分岐点、構築スケジュール、データセンターの寿命、規制要件、その他戦略的要素の方が、企業の観点として重要視されることがありえるということです。また、これらの主要な要素を評価して健全な判断に役立てる方法を説明します。

        続きを読む
    • 学ぶ

      DCIMブログ


      データセンターマネジメントと市場の現状を詳しく学びたいとお考えですか? DCIMのトピックに関するブログ記事をフォローしてください。 詳細はこちらから

      StruxureWare Data Centerのサポートコミュニティ


      ソフトウェアに関する手助けが必要ですか? または、ソフトウェアの使用手順をより詳しく知りたいとお考えですか? 迅速な回答とソフトウェアに関するサポートについては、シュナイダーエレクトリックのオンラインサポートとコミュニティサイトをチェックしてください。 詳細はこちらから
    • 見る

      • DCIM,データセンターマネージャー,ソフトウェア ディファインド データセンター

        DCIMとソフトウェア ディファインド データセンター(SDDC)の台頭は、将来抽象化や仮想化されたITプロビジョンに移行するなかで、データセンターマネージャーがIT機器を管理することを意味しているかもしれません。
      • DCIMが重要になる現実世界の10のシナリオ

        DCIMのメリットになじみがない方も、導入を検討中の方も、この興味深く有益なホワイトボードビデオをご覧頂ければ、DCIMがデータセンターをどのように根本的に変えるかを理解することができます。

      • StruxureWare Data Centerによるデータセンター全体の可視化

        Schneider ElectricのStruxureWare Data Centerソフトウェアスイートを使用することで、エネルギー消費量を削減し、効率化を図り、報告義務を満たすことができます。
      • StruxureWare Data Centerで重要課題を解決

        データセンター事業者: 企業リソースを節約しながら業績を成長させたいとお考えですか? Schneider Electricが提供するStruxureWare Data Centerソフトウェアスイートで実現できます。