シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。

別の国を選択し提供している製品をご覧いただけます。また、グローバルWebサイトでは会社情報をご覧いただけます。

別の国または地域を選ぶ

    • MultiSightビデオサービス

    デフォルトの代替テキスト
    オフィス、空港、朝立ち寄ったカフェなど、場所や時間を問わず、すべての店舗を直接見ることができたらどうなるでしょうか。

    あるリテール企業は、何百キロも離れたいくつかの州で運営している複数の店舗で、カメラ、アラーム、モーションセンサーを備えたセキュリティシステムを導入しています。これでセキュリティは万全ですが、ではどのようにシステムを運用すればいいのでしょうか?何百、何千か所にも及ぶ店舗を持つ企業がありますが、これらの企業はどのようにカスタマーサービスや従業員一人ひとりの業績を監視しているのでしょうか? 

    たとえ店舗の監査が十分に実施されていたとしても、店長や経営者が同時にあらゆる場所での監査に立ち会うことは現実的に不可能なため、結果として、あってはならない事態が発生している可能性もあるのです。

    • すべての店舗が開店時刻に開店していますか?閉店時刻より前に閉店している店舗はありませんか?
    • 社員は食品を安全かつ適切な方法で扱っていますか? お客様に適切な方法であいさつしていますか? 店内を整理されたきれいな状態に保っていますか?
    • 販促物は適切に設置、掲示されていますか?
    • 来客数が極めて多く忙しい店舗を把握していますか?来客数が少ないのはどの店舗で、その理由は何でしょうか?
    • 店長は適切な方法で現金を取り扱っていますか?
    • こ店舗で在庫が不足する原因は何ですか?

    複数の店舗を手掛ける運営責任者が、このような運営上の質問に回答するのは、既存のツールを使っていてはほぼ不可能です。他の質問には答えられるかもしれませんが、膨大な時間をかけるか、実際に店舗まで足を運んでビデオカメラを設置し、映像を回収して確認することでしか、正確な回答ができない問いだからです。これまでは、これらの質問に適した効率的なツールなしでは、ほぼすべての質問に答えることはできませんでした。ただし、これからは違います。

    MultiSight™ビデオサービスのご紹介
    MultiSightは、複数の店舗を運営している小売業者、コンビニエンスストア、レストラン向けに開発された、これまでの常識を覆すビデオサービスです。「開発を始める前に何か月もかけて調査を行った結果、多くの小売業者が既存のセキュリティシステムを「店舗運営」を監視する機能として利用しようとしていることがわかりました」と、シュナイダーエレクトリックでチーフテクノロジーオフィサーとビデオライン事業部のシニアバイスプレジデントを兼任するGreg Millarは話します。「開発初期段階からこの機能をMultiSightに搭載し、これまで満たされていなかった小売業者のニーズに応える、カスタマイズされたビデオサービスを開発しました」MultiSightは総合的なソリューションです。MultiSightのHDカメラ、ゲートウェイ、アプリ、クラウドベースのサービスは、それぞれが連動する設計になっており、すべてがサービス料金に含まれています。また、MultiSightのサービスはモバイル表示用に最適化されています。オフィス、空港、朝立ち寄ったカフェなど、場所や時間を問わず、すべての店舗を直接見ることができたらどうなるでしょうか。リアルタイムで起こっていることや、きついシフトが組まれていた昨晩に何が起こったかを、スワイプするだけで確認できたらどうでしょうか。これを現実にしたのがMultiSightです。

    業務を考慮した設計
    MultiSightは、小売業者やレストランの環境、エンドユーザーの具体的な要件に対応します。

    • すべて込み – HDカメラからモバイルアプリまで、すべてが含まれています(サイドバーをご覧ください)。このため、購入手続きやシステム管理の手間がかかりません。
    • 運用コストモデル – 高額な初期設備投資がかかりません。手頃な月額料金のみでご利用いただけます。
    • 事業成長に対応 – 事業の成長に合わせて、簡単に店舗やユーザーを追加できます。
    • ユーザー数無制限 – 好きなだけユーザーを追加できます。これまではビデオにアクセスすることが少なかったマーケティング部や人事部の従業員も追加できますし、ユーザーを追加すればするほど、システムの価値が高まります。ユーザー管理も、ウェブベースの管理ツールを使って簡単にできます。
    • 使いやすさ – モバイルアクセスを想定して設計されているため、MultiSightは直感的かつ使いやすいインターフェースを通じて、高画質のビデオを提供できます。最低限のトレーニング時間 – 人材の回転率が高い小売業界や速やかなサービスが求められるレストランにおいて、トレーニングに時間がかからないのは極めて重要なことです。MultiSightは、店長の皆様が使用したいと思うようなシステムです。
    • ビデオの共有が簡単 – 簡単にクリップを作成し、社内はもちろん社外の代理店(保険代理店や警察)と共有できる設計になっています。モバイルアプリを使用して簡単にクリップにマークを付け、ビデオへのリンクが含まれたメールを送信できます。共有したビデオはすべて、一年間クラウド上に保存されます。
    • ITに配慮した設計 – 特別なネットワーク設定は不要です。ビデオは、ネットワークトラフィックの遅延や妨害をすることなく、ストリーム配信されます。業務上不可欠な取引を停滞させないためにも、ネットワークトラフィックのスピードを維持し、妨害されないことは大切です。
    • ダウンタイムの心配は無用 – MultiSightのサポートチームが、月額サービスの一環としてシステムの健康状態を監視します。不具合が発生した場合も、ビデオを利用可能にするために簡単にリセットできます。
    • 低消費電力 – 小売業界では、1円も無駄にできません。当社のカメラとゲートウェイは、従来のセキュリティシステムの消費電力の約25%の消費電力で機能します。

    一度にあらゆる場所を管理
    MultiSightのクラウドベースのアーキテクチャは他にはない機能を提供します。

    • ビュー – すべての店舗の同じ場所(店舗入り口、バックオフィスなど)を一度に表示できます。また、超高速の業務スポットチェック機能が用意されています。
    • シフト – 指定した期間をすぐに見直すために、事前に設定した期間(開店時、ランチの忙しい時間)のシフトを作成できるので、確認のたびに毎回開始時刻と終了時刻を入力する手間がなくなります。
    • ライブラリ – クリップは720pの解像度でクラウドベースのライブラリに一年間保存されます。

    MultiSightビデオサービス:すべてが含まれた、初期費用がかからないサービス
    最大12HD(720p)の解像度を誇る、消費電力が極めて少ないPoEカメラが搭載された、さまざまな設置オプションに対応できる控えめなデザインが採用されています。

    • ファンがなく壁に取り付けることができる密閉型のゲートウェイには、15日間連続録画機能や最大30日の延長録画機能が搭載されており、ビデオはクラウド上のストレージに一年間保存されます。
    • 設置/設定/メンテナンス
    • iOSデバイス向けのモバイルアプリ
    • システムの健康状態の監視

    Multisightのビジョンをご体験ください!スポットチェッカーの概要動画と詳細は、よくある質問、セキュリティに関するホワイトペーパー、技術文書などをご確認ください!
    詳細はこちらから