シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。

別の国を選択し提供している製品をご覧いただけます。また、グローバルWebサイトでは会社情報をご覧いただけます。

別の国または地域を選ぶ

    • データセンターの構築期間を短縮するプリファブ方式のソリューションをご利用ください。

    サーバールームとデータセンター

    予算内かつ短期間で信頼できるデータセンターを構築する方法の一つは、プリファブ方式のデータセンターソリューションを導入することです。なぜこのような先鋭的なアプローチを考慮すべきなのでしょうか? 事前にパッケージングおよびテストされた電源、冷却、およびコンピューターブロックは、より短期間で導入できます。また、パフォーマンスが予測可能であり、高い柔軟性を長期的に提供します(将来、データセンターの移設が必要な場合など)。

    成長し続ける全国的な小売企業のIT部長のSteve氏が、3年間のデータセンター拡張計画を実現するという課題にどのように取り組んだかを見てみましょう。データセンターを立ち上げるまでに彼に与えられた期間は4か月でした。

    Steve氏は、情報収集のために他社のIT担当者数人に連絡を取りました。そこで、データセンター増築プロジェクトでコスト超過やスケジュール遅延が発生していることを知り、不安が高まりました。CIOが決めた期限を何とか満たすにはどうすればよいだろうか考えました。

    Steve氏は情報収集を続け、業界の会議で最近知り合ったEmilio氏に連絡を取りました。そこで、Emilio氏は、モジュール方式のアプローチについての話を始めました。Emilio氏は、シュナイダーエレクトリックが提供するプリファブ方式のデータセンターが、導入日程の短縮に役立ったと言います。Emilio氏は、「シュナイダーは、箱から取り出してすぐ使用できる事前に構成された電源および冷却モジュールをわずか6週間後に届けてくれました。設置はとても簡単でした」と語ります。

    Steve氏はシュナイダーエレクトリックと会うことにしました。同社のエキスパートは、プリファブ方式のソリューションが事前に設計、配線、テストされていることと、ハードウェアとソフトウェアが統合されていることを説明しました。Steve氏が特に関心したのは、StruxureWare Data Centerの管理ソフトウェアスイートと、計画を容易にするデータセンターのリファレンスデザインの充実したライブラリです。これらがすべてパッケージに含まれていました。Steve氏の会社は、シュナイダーエレクトリックと契約し、評価、計画、設計、構築から稼動後のメンテナンスとリモート運用サポートまで、データセンターのライフサイクルを通して包括的なサービスを受けることを決定しました。
     
    シュナイダーエレクトリックは、プリファブ方式のデータセンターの製造に実績があり、カスタマイズ可能な構成要素とデータを処理するあらゆる企業の独自の課題に合った幅広いソリューションをグローバルに提供しています。

    シュナイダーエレクトリックのホワイトペーパー『プリファブ方式のデータセンターを実装するための実用的な考慮事項』は、データセンターの課題を克服するために、シュナイダーエレクトリックのプリファブ方式のソリューションがどのように役立つかを紹介します。
    詳細はこちらから