シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。

別の国を選択し提供している製品をご覧いただけます。また、グローバルWebサイトでは会社情報をご覧いただけます。

別の国または地域を選ぶ

 

StruxureWare Data Center Operation

インベントリ管理、PUE カルキュレータ、リアルタイム デバイス アラーム、場所ベースのドリルダウンによる、データ センター運用の簡単な概要。

アセット管理、およびインベントリ管理を介したデータ センター運用のマニュアル

APC Brand 商品画像 Schneider Electric
StruxureWare Data Center Operation schneider.label <p>インベントリ管理、PUE カルキュレータ、リアルタイム デバイス アラーム、場所ベースのドリルダウンによる、データ センター運用の簡単な概要。<p>
  • 特長


    InfraStruxure Operations により、ベンダーにとらわれないインベントリ管理が可能になり、データ センターの物理レイアウトの中にデバイスの障害およびデータがリアルタイムで表示され、問題を解決するための推奨事項や方法も表示されます。場所ベースのドリルダウン ビューには、グローバルなビューからローカルなビューの順に、単一資産まで、データ センターの場所の概要が構造化されて表示されます。電力効率性 (PUE) カルキュレータにより、毎日のエネルギー利用に関する情報が生成されます。InfraStruxure Mobile では、移動中でもすぐに更新できるように、ハンドヘルド PDA から InfraStruxure Operations の情報にアクセスできます。

    メリット

    可用性

    • 物理レイアウト内のアラーム - フロア レイアウトおよびラックの前面パネルにデバイス障害情報がリアルタイムで表示されるので、データ センタの稼動状況がわかります。
    • エンタープライズ プラットフォーム - クラスタ設定および負荷分散によるフェイルオーバー機能の冗長性を持つ高可用性が、単一障害点を持たない重要なシステムを確保します。
    • 在庫管理 - 物理レイアウトにデバイス データが表示されます。また、デバイスの詳細情報、資産属性、およびデータ センタの稼動状況の概要情報をすぐに表示できます。
    • ライブ ダッシュボード - 簡単に設定できる Web ダッシュボード、カスタマイズ可能な管理レベル情報の表示により、データ センターの主要な性能指標に対する透過性を強化します。
    • PUE/DCiEカルキュレーター - 毎日のエネルギー使用量に対する電力効率性 (PUE) 値が表示されます。

    便利な機能

    • CAD 統合 - 部屋を再形成して CAD ケージ図面を DCIM モデルに変換するために (CAD レイヤの切り替えによる使用可能なすべての施設情報の表示など)、CAD (Computer Aided Design) 図面のインポートを可能にします。
    • グリッド ベースのリファレンス - フロア座標への柔軟なアプローチにより、データ センタ オペレータがカスタマイズされた位置識別方式を採用できるようにします。
    • 対処方法の提示 - InfraStruXure Managerは発生した問題の詳細な説明と、関連する問題への推奨される対処法を提示します。この機能によってトレーニングなどの負担が軽減され、電源関連トラブルの迅速な解決が可能になります。

    管理機能

    • カスタマイズ可能なビュー - データ センタの論理モデル内の特定の場所を絞り込んで表示することができます。この論理モデルでは、データ センタを地域、国、敷地、サイト、建物、部屋のレベルで階層化できます。
    • フロアレイアウトビュー - 使いやすいグラフィカルなフロア レイアウトおよび概観図により、データ センタを正確に表すことができます。
    • 複数の部屋 - 同じフロア プラン上の複数の部屋を表示して、大規模施設を正確に表現および移動するオプションを用意します。
    • ラック前面の外観 - 詳細なラック前面表示により、機器とそのラック内での位置の正確な画面表示が得られます。
    • バーチャル保管室 - 仮想保管室内にあるサイトに到着した時点から新しいデバイスを追跡します。

    柔軟性

    • 電気室対応 - メインのデータ センタ フロア プランから外れた領域で一元管理された電源機器の容量を監視し、変更を計画します。
    • 局所化 - ユーザー インターフェイスは、主な各言語で利用可能です。
    • オプションの導入サービス - APC Professional Services を利用することにより、迅速に導入できます。
    • 共有データ モデル - データ センタのライフサイクル全体を通じて、同期されたデータが確保されます。
    • 業界標準 - 任意のベンダから得た機器とデータのモデル化が可能なため、既存のデータ センター環境もサポートできます。

    保護

    • マルチ ユーザー アクセス - 複数のユーザーがこのアプリケーション上で同時に作業を行えます。
    • パスワードのセキュリティ - ユーザ自身が選択可能なパスワード保護機能。
    • 読み取り専用アクセス - 権限を持たないスタッフがシステムの設定を変更する危険性なしにアクセスを共有できます。
    • ユーザー役割 - 複数のユーザー ログインと事前定義されたユーザーの役割設定により、複数レベルのアクセスを実現できます。

    ギャラリー