シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。

別の国を選択し提供している製品をご覧いただけます。また、グローバルWebサイトでは会社情報をご覧いただけます。

別の国または地域を選ぶ

 

StruxureWare Data Center Expert

重大な警報、調査映像および重要な情報を収集、編集、分配し、ネットワーク上のあらゆる場所から複雑な物理インフラ環境の統一されたビューを提供する、ベンダーに中立でスケーラブルなモニタリングソフトウェア

集中化されたデータセンターインフラストラクチャー管理

APC Brand 商品画像 Schneider Electric
データセンターソフトウエア
  • 特長

    StruxureWare Data Center Expertは、企業向けに、全社的なマルチベンダー物理インフラ、すなわち電力、冷却、セキュリティおよび環境をモニタリングするための効率的な方法を提供します。 リアルタイムモニタリング、ユーザー定義のレポートおよびグラフ、また即時の不具合通知とエスカレーションにより、ITシステムの可用性に悪影響を与えかねないインフラに関連する重大なイベントを迅速に調査、解決します。この、集中化された重要情報の格納庫には、ネットワークのどこからでも複数のユーザーがアクセスでき、整合された物理的データセンターインフラのビューを作成します。このオープンでフレキシブルなアーキテクチャは、追加のデバイスライセンス、アドオン監視、容量管理および変更管理モジュールにより、また企業およびビル管理システムの統合により、変化するビジネスニーズに合わせて拡張することができます。

    メリット

    可用性

    • 集中管理された警告レポジトリ - 複数の装置から集めた警告記録に単一の中央データベースを介してアクセスします。種類、日付、装置、デバイス グループを基準に警告を並べ替えます。
    • カスタムレポート作成 - データの収集、分配、分析を簡単にするために、ユーザー定義のレポートを作成し、保存し、スケジューリングします。
    • グラフィカルな傾向分析 - 任意のデバイスまたはデバイス グループの現在のデータおよび履歴データにアクセスできます。相関関係のある複数のデータ ポイントをプロットしてグラフ化し、潜在的な危険の傾向を可視化します。
    • 統合されたデータ ストレージ - 大容量ハード ドライブは、十分な量の内部データを ストレージし、ネットワーク接続ストレージは長期的なデータ保存とアーカイブをサポートします。
    • 画面を多国語で表示可能 - APC 製装置に対するアラート、アラート説明、および推奨対応策を 10 か国語で表示できます。

    管理機能

    • 集中管理 - パワフルで使いやすいコンソールアプリケーションでネットワークのどこからでもアクセスできる集中化された格納庫を使用することで、データセンターのインフラストラクチャ管理を簡素化します。
    • 異常の通知 - リアルタイムのイベント通知機能によって、物理インフラの危機的な状態への対応時間が短縮されます。IT管理者による平均修復時間を短縮し、効率を向上させ、稼働時間を最大限にします。
    • マルチ ベンダ デバイス サポート - ネットワーク接続された SNMP デバイスの監視のための幅広いマルチ ベンダ サポート。しきい値アラート通知、データの傾向、およびレポート作成を通じて、既存の SNMP デバイスの管理性があがります。
    • リアルタイム監視 - APC Enterprise Managerを使用してAPC製デバイスのリアルタイム監視を行い、ネットワークのアベイラビリティに影響しうる電源異常を一目で認識することができます。Enterprise Managerのステータス画面では、ネットワーク上の個々のAPC製UPSをステータス毎に分類し、発生した問題についての説明を表示できます。
    • 統一コンソール - Windows および Linux のカスタマイズ可能なクライアント アプリケーションにより、ネットワーク上のどこからでも InfraStruXure Central アプリケーションに即座にアクセスできます。

    柔軟性

    • 自動検出 - ネットワーク上の管理可能機器を自動的に検出できるので、物理インフラ機器の設置と導入に要する時間が短縮されます。
    • カスタム マッピング - カスタム背景、ユーザー割当のアイコン、およびドラッグ アンド ドロップによるデバイスの配置によって、問題のあるデバイスを一目で簡単に特定でき、ダウンタイム、エラー、およびコストを最小限に抑えることができます。
    • 一括設定 - “包括的な一括設定機能を備えているため、ユーザーは構成または特定のデバイスの設定を作成および保存し、それをネットワーク管理カードが組み込まれた同様の APC デバイスに送信できます。”
    • マスファームウェア更新 - 複数の APC デバイスのファームウェアのアップグレードを同時に行うことにより、管理対象デバイスのセットアップ時間を短縮し、複雑さを低減します。
    • プライベート ネットワーク - デバイスを分離された安全なネットワーク上に置くことにより、デバイスを管理するためにパブリック ネットワーク上で必要な IP アドレスの数が少なくなります。

    調整機能・カスタマイズ機能

    • アドオンの Modbus TCP Output Module - InfraStruXure Central の管理下にある装置から発生したデータと特定のイベントを、Modbus over Ethernet を介して既存のビル管理システム(BMS)に取り込むことができます。
    • 拡張可能なアーキテクチャ - ノードとアプリケーションのライセンス キーによりプラットフォームの機能を拡張することができ、ビジネス ニーズの変化に合わせて規模を拡大していくことができます。
    • Surveillance アドオン アプリケーション - 物理的な脅威の管理機能も備わって、重要資産の可視性が向上し、セキュリティ管理された領域でのあらゆる活動を監視および記録することができます。集中管理されたリポジトリにより、ユーザーが、将来のニーズに合わせて監視イベントの確認、検索、およびタグ付けを行うことができます。
    • Web サービス API - InfraStruXure Central のデータとイベントを、Web サービス呼び出しを実行できる既存の IT アプリケーションおよびツールに取り込むことができます。

    保護

    • カスタマイズ可能なユーザー アクセス - ユーザアクセス権を定義し、個々のグループが何を参照できるかを定義します。機器へのアクセスを制御するには、管理者によって指定されるアカウントの数を制限します。
    • 暗号化通信 - クライアントとサーバ間の 128 ビット SSL 暗号化通信、およびリソースの保護に役立つ、サーバー上に保存されたユーザー ID とパスワードの暗号化。
    • リモート監視サービス - 企業の物理インフラの状態を監視する「第二の目」となる Webベースのサービスです。経験豊富な専門家が、24 時間ノンストップで監視を行い、問題が致命的になる前に問題を診断できるように支援します。

    ギャラリー

    • データセンターソフトウエア