テクニカルFAQ

質問

バッテリ交換手順 (BR1000G-JP [APC RS 1000], BR1200G-JP [APC RS Pro 1200])

BR1000G-JP (APC RS 1000), BR1200G-JP (APC RS Pro 1200) のバッテリ交換の手順について説明します

 

【はじめに】
APC RS 1000 (BR1000G-JP) の交換用バッテリは        型番:APCRBC123J (BR1000G-JP 交換用バッテリキット)
APC RS Pro 1200 (BR1200G-JP) の交換用バッテリは  型番:APCRBC124J (BR1200G-JP/BR1200GL-JP 交換用バッテリキット)
となります。
バッテリ交換時にはUPSに接続されている負荷機器を停止し、すべてコンセントから外して作業ください。
 

                   
         
本体写真 : BR1000G-JP
                 APC RS 1000
バッテリ : APCRBC123J
             BR1000G-JP 交換用バッテリキット
*APC RS Pro 1200 (BR1200G-JP) のバッテリは 型番:APCRBC124J (BR1200G-JP/BR1200GL-JP 交換用バッテリキット) です

【バッテリ交換手順

準備:
1. UPSに接続されている負荷機器のコンセントをすべて取り外した後、電源を切り、UPSの入力ケーブルを商用電源から抜きます。
 

作業 :
バッテリの取り外し
2. UPSを横にして、バッテリカバーのツメを押し込んでからスライドさせて取り外してください。

3. つまみラベルを両手で持ち、ゆっくりとバッテリを装置から引き出してください。
  端子が見えるまでバッテリを出します。
  

4. 前面パネルの電源スイッチを2〜3回押して、装置内部にたまっている電気を放電します。
 この時、警告音がなることがありますが問題はありません。
 

新しいバッテリの装着
5. 新しいバッテリを本体に半分程度挿入し、ケーブルをマイナス(-)端子に、もう一方のケーブルをプラス(+)端子に接続します。

6. バッテリケーブルを接続したら、バッテリを奥までゆっくりと入れ、バッテリカバーを取付けます。
 

7. バッテリカバーがしっかり取り付けられたことを確認したら、UPSの入力およそ8時間で充電が完了します。十分に充電してからご使用を再開してください。
本製品はUPSの電源のOn/Offにかかわらず、商用電源に接続されていれば、常にバッテリの充電が行われます。

【参考】
交換後作業後の使用済みバッテリの処理方法については、 こちらに説明がございます。
これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?