テクニカルFAQ

質問

Dry Contact I/O SmartSlot Card (AP9613) の設定スイッチについて

Dry Contact I/O SmartSlot Card (AP9613)にあるディップスイッチの設定と動作について説明しています。

 

Dry Contact I/O SmartSlot Card (AP9613)には、4ビットの設定スイッチ(ディップスイッチ)が取り付けられています。

表の通り、ディップスイッチを変更することで、Relay I/O Cardへの入力信号及び出力信号の動作を変えることができます。
設定4では、同梱のUSBケーブルにて接続し、Configuration UtilityよりAP9613の接点信号を個別に設定することが可能となります。

※工場出荷時は"設定4"が選択されおります。
この設定4ではConfigration Utilityで個別に設定変更を行うまでは "設定1"と同じ設定内容が反映されております。

 

text
設定1
設定2
設定3
設定4
text
入力端子
デバイス動作
設定1
設定2
設定3
設定4
1
UPSの電源をオンにする。
Configuration Utilityについて
を参照してください。
2
UPSの電源をオフにする。
UPSの電源を安全にオフにする。
3
UPSのセルフテストを開始する。
4
セルフテストまたはランタイム較正の場合を除き、
バッテリ運転時にUPSをシャットダウンする。
UPSでバイパスが利用できる場合は、
UPSをバイパス運転に切り替える。
セルフテストまたはランタイム較正の場合を除き、
バッテリ運転時にUPSをシャットダウンする。
出力端子
設定1
設定2
設定3
設定4
1
UPSはバッテリ運転
(例、電源障害、セルフテスト、ランタイム較正の間)。
Configuration Utilityについて
を参照してください。
2
UPSのバッテリ残量低下。
3
保護されている負荷機器がUPSから給電されていない、
またはUPSとリレーI/Oカードとの通信が失われている。
4
UPSのバッテリ交換が必要
UPSで電源オンのコマンドがだされている。
(入力1に同じ)
5
UPSが過負荷状態になっている。
ソフトウェア、フロントパネルまたはリアパネルでの選択により、
UPSはバイパス運転になっている。
UPSで順次電源オフのコマンドが出されている。
(入力2に同じ)
6
UPS障害またはセルフテスト障害
UPS障害、セルフテスト障害または過負荷。
UPS障害、セルフテスト障害、
過負荷またはバッテリ交換


※ 停電復帰直後はAP9613の入力信号が受け付けない場合があります。 詳細は こちらを参照してください。
※ "設定2"はバイパスモードを有するSumart-UPS RT, VTシリーズ、Symmetraシリーズをご使用の場合のみ選択してください。

設定3のInput#2については、graceful shutdownののちに停止します。 設定1、2のInput#2は入力信号を受けるとすぐに停止します。




 
これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?