テクニカルFAQ

質問

Smart-UPS LCD (SMT/SMXシリーズ)のAVR Trim/AVR Boost機能について

Smart-UPS LCD (SMTシリーズ/SMXシリーズ) のAVR TrimとAVR Boost機能についての説明です

AVR Trim及びAVR Boostとは自動電圧調整(AVR)機能です。
Smart-UPSシリーズに標準で用意されている機能となり、ご使用されている環境の商用電源の電圧が、UPSに設定したしきい値を超えた場合にAVR機能が作動します。

AVR 機能の種類

・AVR Trim (Smart Trim) :
SMTシリーズでは、商用電源の入力電圧が約108〜119V (*) になった場合にAVR Trimが作動し、電圧を約12%下げて、100Vに近い電圧で電源を供給します。
SMXシリーズでは、約108V〜154Vの入力電圧を約100Vで出力します。

入力電源側の電圧がしきい値を超えた場合にこの機能が作動し、戻り値を下回ると機能を解除します。
商用電源電圧が高い環境下において本機能が有効になります。

・AVR Boost (Smart Boost) :
SMTシリーズでは、商用電源電圧の切替値を92Vに設定時には約82〜92Vの間約11%、約76〜82Vの間約24% (*) 上昇させ、
負荷機器に対してより100Vに近い電圧値にて電源を供給します。
SMXシリーズでは、83V〜92Vの入力電圧をAVR機能により約100Vで出力します。

入力電源側の電圧がしきい値を下回った場合にこの機能が作動し、戻り値を上回ると機能を解除します。
商用電源電圧が低い環境下において本機能が有効になります。

* : 説明内の各電圧範囲は初期設定値での説明です

AVR 機能の作動、機器への影響について
AVR機能が作動している場合には、UPSにおいてより100Vに近い電圧に調整して負荷機器に電源を供給します。
長時間AVRが作動していてもUPSの寿命等に影響するものではなく、問題はありません。

AVR機能は商用電源の電圧がUPSの持ち合わせている戻り値を下回るとAVR Trim、AVR Boostが解除されます。

尚、本機能はUPS電源管理ソフトウェアのData Logには記録されない瞬時の電圧変動についてもUPS本体が電圧変化に応じ機能を有効にします。
このため、ログ上ではしきい値を超えていない場合にも動作が有効になります。


切り替えしきい値を変更する必要がある環境について
まれにご使用いただいている環境により、その電源の乱れによりAVR TrimもしくはAVR Boost が短時間に作動と解除を繰り返す場合がございます。
UPS内部より、頻繁にカチカチと切替え音がする場合には、AVRが都度作動していることが考えられます。

1分間に2〜3回またはそれ以上、または一日のうちに作動、解除されるような状態が何度か記録される環境においてご使用の場合には
AVR機能の作動頻度を低減させる必要があります。
この場合には電源品質設定を変更してください。

【設定値変更方法】

・ 本体メニューからの設定変更 (電源品質設定 の値変更)
本体メニューにて "Configration (セッテイ) " を選択します。 
矢印キーで、 Local Power Quality (ゲンチデンリョク ヒンシツ) を表示、エンターキーで選択してください。
矢印キーを押すと、Good (良好) / Fair (普通) / Poor (不安定) の順で表示されますので、 Fair, Poorに設定し
AVRの作動頻度を下げるようにしてください。

・ PowerChute Business Editionを使用しての設定変更
PowerChute Business Edition v9.1.1以降:
コンソール画面より対象デバイスを右クリックし、プロパティを選択し、表示されたブラウザの画面より
"UPS名" - "UPS設定"を選択し表示される
切り替え電圧上限、切り替え電圧下限ならびに電力品質感度の項目で変更してください。

PowerChute Business Edition v9.0.1:
コンソール画面より対象デバイスを右クリックし、プロパティを選択し、表示されたデバイスのプロパティにて
左下の詳細項目の表示にチェックを入れた上で
 [全般] - [電源パラメータ] を選択し表示される"電源の項目"
の バッテリ切り替え値(上限)/(下限)ならびに感度の項目で変更してください。

 
・ Network Management Card 2を使用しての設定変更
ファームウェアバージョン(AOS) v6.xの場合:
"Configuration" - "Power Settings"を選択し表示される
Output Upper Limit、Output Lower Limit、Sensitivityにて設定を変更してください。

ファームウェアバージョン(AOS): v5.xの場合:
UPSタブよりサイドメニュー "Configuration" - 'Power'にて表示される
High Transfer Voltage, Low Transfer Voltage, Sensitivityにて設定変更してください。
 
これら本体設定の変更を行ってもAVRが頻繁に作動する場合には
入力電源が不安定になる原因を取り除く必要が出てくる場合がございます。 

これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?