テクニカルFAQ

質問

Symmetra UPSメンテナンス時における注意事項

Symmetra UPSメンテナンス時にLANケーブルを取り外すことがあります。この影響と事前確認事項についてご紹介いたします。

Symmetra UPS製品のメンテナンス時には、一般的にUPSをオンライン運転状態(通常の運転状態)のまま、負荷機器を停止せずに作業を行います。
また、メンテナンス作業時にはUPSに接続されたLANケーブルを取り外すことが通例です。

LANケーブルを取り外すことによる影響と事前の確認事項は以下となります。

【影響】
・ 作業中、LANケーブルを外している間はUPSのネットワーク監視が出来ません。
・ PowerChute Network Shutdownのオプション設定を有効にしている場合、通信切断をきっかけとしてシステムのシャットダウンが行われることがあります。
   (デフォルトでは、この設定は無効になっております)

【確認事項】
事前に以下をご確認ください。

・ ネットワーク監視不可により、SNMPの監視ソフト等、作業中に影響を受ける機器が無いか確認ください。
・ 弊社PowerChute Network Shutdownのオプション設定には、通信切断をきっかけとしてシャットダウンを行う項目があります。
   この項目が有効となっていないかご確認ください。(デフォルトでは、無効になっております)

【確認手順】

(手順1)PowerChute Network Shutdownへログインします。
(手順2)”ConfigureEvent”を選択した右側に表示される以下のEventsと、”Shut Down System”の列が交差する箇所の丸いアイコンにチェックを確認します(図1)。
     ・チェックが入っている時は、次項の【対処】を実施ください。
          ・チェックが入っていなければ、設定は無効になっており【対処】を行う必要はありません。

Events
意味
Communication: PowerChute cannot communicate with the Management Card PowerChute Network ShutdownとNetwork Management Card間のネットワーク通信が切断
 
text図1. Configure Events画面

(手順3)ブラウザの閉じるボタンをクリックして終了します。


【対処】PowerChute Network Shutdown通信切断の設定が有効となっている場合は、作業前までに以下の<対処1>、<対処2>のいずれかを実施ください。


<対処1>PowerChute Network Shutdown通信切断の設定を解除する。
PowerChute Network Shutdown通信切断の設定を解除するには、次の操作を実施します。

※PowerChute Network Shutdownをインストールしたサーバーが複数台ある時は、全てのPowerChute Network Shutdownで同じ操作を繰り返す必要があります。

(手順1)PowerChute Network Shutdownへログインします。
(手順2)”ConfigureEvent”を選択した右側に表示される以下のEventsと、”Shut Down System”の列が交差する箇所の丸いアイコンをクリックします(図1)。
 
Events
意味
Communication: PowerChute cannot communicate with the Management Card PowerChute Network ShutdownとNetwork Management Card間のネットワーク通信が切断
※UPSのメンテナンス作業後に必要に応じてPowerChute Network Shutdown通信切断について再設定を行ってください。
 
(手順3)Shutdown the system only when the event lasts this long(seconds): に表示された数値をメモに控えます(図2)。
(手順4)”Yes, I want to shut down the system.”のチェックを外します(図2)。
 
図2. Configure EventsのConfigure Shutdown画面

(手順5)「Apply」ボタンをクリックします。
(手順6)ブラウザの閉じるボタンをクリックします。


<対処2>PowerChute Network Shutdownのサービスを一時的に停止する。
PowerChute Network Shutdownのサービスを一時的に停止する方法は、「PowerChute Network Shutdownサービス停止方法」をご参照ください。
 
※PowerChute Network Shutdownをインストールしたサーバーが複数台ある時は、全てのPowerChute Network Shutdownで同じ操作を繰り返す必要があります。
※UPSのメンテナンス作業後に必ずPowerChute Network Shutdownのサービスを手動で起動してください。
 
これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?