テクニカルFAQ

質問

PowerChute Network Shutdown v3.0.1またはそれ以前のバージョンでVMware ESX/ESXiで使用する際の制限事項・注意事項

ここではPowerChute Network Shutdownを VMware ESX / ESXiで使用する際の制限事項、注意事項について記述しています。

tPowerChute Network Shutdown v3.0.1 もしくはそれ以前のバージョンの説明となります。
・このページで説明している制限事項・注意事項、およびライセンスのカウント方法は、PowerChute Network Shutdown v3.1以降のバージョンには適用されません。


PowerChute Network Shutdownを VMware ESX / ESXiで使用する際の制限事項、注意事項について

1. 弊社が提供しているPowerChute Network Shutdown for VMwareはホスト用です。
PowerChute Network Shutdown をESXホストまたはvMA (ESXiの場合)にインストールし、ESXホストまたはvMAからゲストOSをシャットダウンさせる構成を設定頂きます。
ホストまたはvMAのインストール数に応じたライセンスが必要です。

2. 全てのバージョンのVMware ESX/ESXiにおいて、VMotion や VMware HA の環境下では、連動Shutdown機能を使用することが出来ません。この環境下でゲストOSの連動Shutdownを行う場合には、下記のように設定してください。

2-1) VMware HAを使用していないが、VMotionを使用する場合
PCNSはホストのシャットダウンを行うソフトウェアです。vMotionを使用している場合も、PCNSのホスト・シャットダウンは行われますが、vMotionの動作・設定についてはPCNSの機能外となりますのでサポート対象外となりますことをご了承の上、使用いただけますようお願いします。
なお、本項についてはお客様の利便性を考慮し、VMware社の許可を得て参考として掲載させていただいておりますが、弊社ではその内容についてご回答致しかねますことを予めご了承ください。

VMware ESXおよびESXiの既知の現象として、ホストがシャットダウンする際、仮想マシンがシャットダウンされずハードオフしてしまうという問題が報告されています。
詳細および対処方法については以下のVMware社ナレッジベース(英語)をご覧いただき、こちらに記載されている対処方法を実施してください。

http://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=1008182

(参考訳)
1. 仮想マシンの起動およびシャットダウン構成画面で、仮想マシンを選択し、「任意の順序」に移動するまで「上へ移動」をクリックしてください。
2. OKをクリックし、構成画面を閉じます。
3. 再度構成画面を開きます。
4. 1.で変更した仮想マシンを選択し、「手動での起動」に戻します。
 
 
2-2) VMware HA環境でVMotionを使用する場合
PowerChute Network Shutdown v3.0.1を使用し、HA環境でのシャットダウンを行う場合は、 こちらのページを参照してください。

3. PowerChute Network Shutdownを VMware ESX Server 3 で使用する場合に、Notify の機能は、"Notify only this user" フィールドを有効にしても、その機能が動作しない問題が確認されております。
これは、VMware ESX Server 3 上に write コマンドが存在しないことに起因しています。
なお、VMware ESX Server 2.5.x では、write コマンドが存在するため、Notify only this user は有効です。
これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?