テクニカルFAQ

質問

UPSのバッテリ充電方法

コンセントを接続するのみで充電するUPS、電源を入れる必要のあるUPSの機種の違い、各UPSごとの充電方法についての説明です。

電源が入っていないと充電できないUPSとできるUPSの機種、また各UPSごとの充電方法は以下の通りです。

 

【 電源スイッチをOnにせずに充電できるUPS 】

UPS本体のコンセントを接続するだけで充電可能なタイプです。
入力ブレーカを有している製品についてはブレーカースイッチをオンにする必要があります。

●コンセント接続のみで充電開始
 
製品名: Smart-UPS LCD [SMTシリーズ, SMXシリーズ] の 1500VA以下のラインナップ
製品名: Smart-UPS [SUシリーズ、 SUAシリーズ] の 2200VA以下のラインナップ  (但しSUA2200JBを除く)
製品名: Smart-UPS RT (SURTA1500XLJ、SURTA2400XLJ、SURT5000XLJ、SURTD6000RMXLJP3U)
製品名: APC RS シリーズ、APC ES シリーズ(型番にGのつくタイプ)、 APC ES 500、APC ES 725、APC CSシリーズ
 
[充電方法]
UPSの入力プラグを電源コンセントに差し込む (出力オン/オフどちらでも充電可能)

●コンセント接続のうえ、本体入力ブレーカをオンにする機種
 
製品名: Smart-UPS LCD [SMTシリーズ, SMXシリーズ] の 2200VA以上
製品名: Smart-UPS [SUシリーズ、 SUAシリーズ] : SUA2200JB、SU3000J、SU3000JB、SU3000RMJ、SU3000RMJ3U、SUA3000RMJ2UB、SUA3000RMXLJ3U
製品名: Smart-UPS RT (SURT7500XLJ、SURT8000XLJ、SURT10000XLJ)

[充電方法]
UPSを電源コンセントに接続し入力サーキットブレーカのスイッチをオンにする (UPS本体の状態がオン/オフどちらでも充電可能)

●設置、モジュール換装後に本体入力ブレーカをオンにする機種

製品名: Symmetraシリーズ

[充電方法]
各モジュールを正しく設置しUPSを入力電源に接続し、入力サーキットブレーカのスイッチをオンにする (UPS本体の状態がオン/オフどちらでも充電可能)
 

【 電源が入っていないと充電できないUPS 】
UPS本体のコンセントを接続し、電源を入れる必要があるタイプです。
製品名: SurgeArrest(BE325-JP)

[充電方法]
UPSを電源コンセントに繋ぎ、本体の電源スイッチをオンにする
 


【ご注意】
UPSを長期間使わない場合には、バッテリを満充電にしたうえでバッテリの接続を外し、保管してください。
使用開始時に十分に充電を行ってから使用を開始してください。
これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?