テクニカルFAQ

質問

APC RSシリーズの警告音の設定方法

APC RSシリーズでは、UPS本体からの設定もしくは、UPS電源管理ソフトウェアPowerChute Personal Edition (標準バンドル)で警告音の設定を有効/無効を変更することが可能です。
対象型番:BR400S-JP 、 BR550S-JP 、 BR1000S-JP 、 BR1200S-JP、BR400G-JP 、 BR550G-JP 、 BR1000G-JP 、 BR1200G-JP

【ご注意】
・警告音の有無の設定は可能ですが、警告音は有効な状態把握の手段であることから、有効のままご利用いただくことを推奨いたします。
・PowerChute Personal Edition で「UPSの警告音を常時有効にする」が適用されていると、UPS本体で「警告音を常時無効の設定」を行った場合でも警告音は有効になります。


【設定項目】

【UPS本体からの場合】
UPS前面の左上のミュートボタンを2秒間押すことで警告音が有効/無効を変更することが可能です。
 
ミュートボタン

 
液晶画面にミュートアイコンが常時表示されていると、警告音は無効の状態です。
 
警告音"有効"の場合 警告音"無効"の場合



【PowerChute Personal Edition の場合】
PowerChute Personal Edition をOSにインストールされている場合の設定は以下のとおりです。
1. PowerChute Personal Editionの画面を起動
2. 設定個所: 「環境設定」-「通知」より 「UPSの警告音を常時無効」にするを選択し「適用」ボタンをクリック
 
PowerChute Personal Edition 3.0.2 の画面
 
※選択項目の内容について
「UPSの警告音を常時有効にする」ー警告およびシステム障害時、UPSから常時警告音が発せられます。
「UPSの警告音を常時無効にする」ー警告およびシステム障害が起きても、UPSからの警告音は常時ミュート状態になります。
「コンピュータが休止状態の時はUPSの警告音を無効にする」ーコンピュータが休止状態時、UPSからの警告音はミュート状態になります。


 
これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?