テクニカルFAQ

質問

Smart-UPS LCD(SMT/SMXシリーズ)の手動でのセルフテスト実行方法

Smart-UPS LCD(SMT/SMXシリーズ)の手動でのセルフテストを実行する方法の説明です。

セルフテストは約10秒間のバッテリ運転にて、バッテリのコンディションを診断します。
このテストにおいてバッテリの状態により、バッテリ交換LEDが点灯、交換が必要であることを表示します。

以下にUPS前面部の液晶パネルから、手動でセルフテストを行う方法を記載致します。



【実行方法】
1. UPSのバッテリ充電容量が100%であることを確認
  ※バッテリ充電容量が100%未満の場合は時間を置き充電完了後 2.以降を実施
2. [ Esc ] ボタンを押し、"メインメニュー"(Main Menu)を表示
3. 下ボタンを押し "テスト&シンダン"(Test & Diags)を選択し、エンターボタン(3)を押す
4.” UPSセルフテスト”(UPS Self Test)の表示でエンターボタンで「NO」と表示されるので、下ボタンで「YES」を選択しエンターボタンを押す

上記の操作が完了することで、手動によるセルフテストが実行されます。
 
これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?