テクニカルFAQ

質問

Pro-Server EX/ Pro-Server EX使用時に表示されるエラーメッセージの原因と対処方法を知りたい。(REAA001~028)

Pro-Server EX使用時に表示されるエラーについては以下をご参照ください。
 
 

エラーコード*

エラーメッセージ

原因と対処方法

0xC0A10001
REAA001
-1063190527
3231776769
「アクション/データ転送(xx)の「転送元」で設定されているデバイスの読出しに失敗しました。(xx) (xx:アクション名/データ転送名) 「転送元」で設定されているデバイスの読み出しに失敗しました。『Pro-Studio EX』の「アクションが受け取るデータの設定」画面で設定しているデバイスを確認してください。
0xC0A10002
REAA002
-1063190526
3231776770
「アクション/データ転送(xx)」の「転送先」で設定されているデバイスの書込みに失敗しました。(xx) (xx:アクション名/データ転送名) 「転送先」で設定されているデバイスの書き込みに失敗しました。『Pro-Studio EX』の「アクションが受け取るデータの設定」画面で設定しているデバイスを確認してください。
0xC0A10003
REAA003
-1063190525
3231776771
異常が発生した局のIPアドレスを格納できませんでした(起動条件:xx) (xx:起動条件名) 異常が発生した局のIPアドレスを格納できませんでした。『Pro-Studio EX』の「起動条件詳細設定」画面で設定している「異常先IPアドレス格納先」を確認してください。

0xC0A10004
REAA004
-1063190524
3231776772

エラーコードを格納できませんでした(起動条件:xx) (xx:起動条件名) エラーコードを格納できませんでした。『Pro-Studio EX』の「起動条件詳細設定」画面で設定している「エラーコード格納先」を確認してください。
0xC0A10005
REAA005
-1063190523
3231776773
「処理結果の成否を示すビット」の書込みに失敗しました(起動条件:xx) (xx:起動条件名) 「処理結果の成否を示すビット」の書込みに失敗しました。『Pro-Studio EX』の「起動条件詳細設定」画面で設定している「処理結果の成否を示すビット」を確認してください。
0xC0A10006
REAA006
-1063190522
3231776774
「処理が完了した事を示すビット」の書込みに失敗しました(起動条件:xx) (xx:起動条件名) 「処理が完了した事を示すビット」の書込みに失敗しました。『Pro-Studio EX』の「起動条件詳細設定」画面で設定している「処理が完了した事を示すビット」を確認してください。
0xC0A10007
REAA007
-1063190521
3231776775
「起動条件デバイス」をクリアできませんでした(起動条件:xx) (xx:起動条件名) 「起動条件デバイス」をクリアできませんでした。『Pro-Studio EX』の起動条件設定画面で設定しているデバイスを確認してください。
0xC0A10008
REAA008
-1063190520
3231776776
「起動条件デバイス」の読出しに失敗しました(起動条件:xx) (xx:起動条件名) 「起動条件デバイス」の読出しに失敗しました。『Pro-Studio EX』の起動条件設定画面で設定しているデバイスを確認してください。
0xC0A10009
REAA009
-1063190519
3231776777
「受信通知デバイス」の書込みに失敗しました(アクション/データ転送:xx) (xx:アクション/データ転送名) 「受信通知デバイス」への書込みに失敗しました。Pro-Studio EXの「アクション動作局/処理完了通知設定」画面で設定している「受信通知デバイス」を確認してください。
0xC0A10010
REAA016
-1063190512
3231776784
xxポート(番号:xx)を使用することができませんでした (xx:ポート名/番号)  
0xC0A10011
REAA017
-1063190511
3231776785
書込み禁止エリアにアクセスしました(xx) (xx:デバイス名) Dスクリプトまたはネットワーク越しで書き込み禁止エリア(LS0000 ~LS0019、LS2032~LS2095、LS9000~LS9999)に書き込みすることはできません。

0xC0A10012
REAA018
-1063190510
3231776786

アドレス範囲外のデバイスにアクセスしました(xx) (xx:デバイス名) 範囲外のデバイスにアクセスしました。
0xC0A10015
REAA021
-1063190507
3231776789
不正なID(局、機器、デバイス)が指定されました 不正なIDが指定されました。存在しないデバイスにアクセスしています。 不正なIDが指定されました。存在しないデバイスにアクセスしています。
0xC0A10016
REAA022
-1063190506
3231776790
不正なID(局、機器、デバイス)が指定されました
0xC0A1001A
REAA026
-1063190502
3231776794
不正または未設定のデバイスアドレスがあります 不正なデバイスが指定されました。存在しないデバイスにアクセスしています。
0xC0A1001B
REAA027
-1063190501
3231776795
不正または未設定のデバイスアドレスがあります
0xC0A1001C
REAA028
-1063190500
3231776796
不正または未設定のデバイスアドレスがあります
 
* - 1行目:エラーコード
  2行目:統一エラーコード
  3行目:10進符号付きエラーコード
  4行目:10進符号なしエラーコード

 
これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?