シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。

別の国を選択し提供している製品をご覧いただけます。また、グローバルWebサイトでは会社情報をご覧いただけます。

別の国または地域を選ぶ

  • Default Alternative Text

    Local Press Releases

シュナイダーエレクトリック、500kVAから1500kVAまで拡張可能な大容量三相UPS「Galaxy VX」を国内で販売   

5月18日  エネルギーマネジメントおよびオートメーションにおけるデジタルトランスフォーメーションのリーダーであるシュナイダーエレクトリックは、大規模データセンター向けの三相UPS(無停電電源装置)製品の最大容量帯の新製品として「Galaxy VX」(ギャラクシー ブイエックス)を国内で販売開始します。また今回新たに、同製品向けのリチウムイオンバッテリーの販売も開始します。受注開始は、7月を予定しています。

シュナイダーエレクトリック、「シュナイダーARアドバイザー」の販売パートナー契約を拡充し販売体制を強化

5月15日 エネルギーマネジメントおよびオートメーションにおけるデジタルトランスフォーメーションのリーダーであるシュナイダーエレクトリックは、昨年8月に国内提供を発表した、拡張現実(AR)技術により生産現場での保守作業を効率化し、人的ミスを削減するソリューション「EcoStruxureTM Augmented Operator Advisor」(エコストラクチャー オーグメンテッド オペレーター アドバイザー) (以下略称、シュナイダーARアドバイザー) の販売体制を強化しました。

シュナイダーエレクトリック、「EcoStruxure Field Device Expert」により速やかに製造を開始し、試運転の時間を短縮

2018年9月13日、東京(日本)-エネルギーマネジメントおよびオートメーションにおけるデジタルトランスフォーメーションのリーダーであるシュナイダーエレクトリックは、プラントのライフサイクル全体でエンジニアによるフィールドデバイスの試運転、構築、保守を容易にするアプリケーション「EcoStruxure™ Field Device Expert」を発表しました。「Field Device Expert」の「インテリジェント コミッショニング ウィザード」は、EcoStruxure