シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。

別の国を選択し提供している製品をご覧いただけます。また、グローバルWebサイトでは会社情報をご覧いただけます。

別の国または地域を選ぶ

    • Default Alternative Text

      テレメカニックの沿革

      テレメカニックは創設よりイノベーションを追求し、オートメーションと制御の世界的リーダーとなりました。

    デフォルトの代替テキスト
    テレメカニックは1924年に初の接触器を開発すると、たちまち事業を拡大し、オートメーションと制御の先進メーカーに成長しました。

    沿革

    • 1924 Michel le Goullecがフランス、ナンテールのManufacture d’Appareillage Electriqueを吸収合併。1928年にTélémécanique Electriqueを設立。
    • 1931 法で定められる以前から、多くの従業員に福利厚生サービスを提供する先駆的な会社方針を採用。
    • 1954 メランジェランと生産合理化の契約を締結。
    • 1960s イタリア、オランダ、スウェーデン、ポルトガル、英国、ノルウェー、スイス、カナダ、スペイン、デンマーク、米国に支社を開設。
    • 1970s アフリカ、南米、アジア地域に支社を開設。産業制御用ミニコンピューターを開発。
    • 1980s 新しい主要技術として、特にAltivar周波数インバーターとTSXプログラマブルロジックコントローラーを開発。
    • 1988 シュナイダーエレクトリックによる吸収合併。テレメカニックブランドによる製品開発と技術的なイノベーションを継続。
    • 2001 ツールやケーブルなしで接続を可能にするQuickFit技術を開発。
    • 2009 テレメカニック製品、サービス、ソリューションをシュナイダーエレクトリックブランドのオートメーション制御製品に移管。

    シュナイダーエレクトリックの歴史

    シュナイダーエレクトリックの歴史と現在のブランドについてご紹介します。
    続きを読む