シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。

別の国を選択し提供している製品をご覧いただけます。また、グローバルWebサイトでは会社情報をご覧いただけます。

別の国または地域を選ぶ

    • Default Alternative Text

      スクエアディー沿革

      2003年、スクエアディーブランドは100周年を迎えました。これは、電気、オートメーションのマネージメントにおけるノウハウと革新の100年です。

    デフォルトの代替テキスト
    スクエアディーブランドで開発された製品とシステムは、遮断器から監視制御システムまで、あらゆる産業で採用されています。サービス部門と住宅建設部門が主要なお客様です。

    沿革

    • 1902 米国で発電事業と産業向け制御機器を手がけるDetroit Fuse and Manufacturingが操業を開始。
    • 1917 コンジットボックスやスイッチに記された商標の「D」にちなみ、社名をスクエアディーに変更。
    • 1926 初の配電盤を製造。3年後、産業向け制御市場に参入。
    • 1935 独自のサーキットブレーカー製品を展開し、初の住宅用ブレーカーを発売。
    • 1940s 北米に10の工場と43の支店を持ち、従業員7,000名。航空機用ブレーカーの半数を製造する。
    • 1950s 初のヨーロッパ支社を開設し、象徴的なQOサーキットブレーカーを導入。
    • 1970s 南アフリカとアジア地域に代理店を開設。Symax PLCとWatchdog電力管理システムを導入。
    • 1980s 長年の成長と拡大の後、戦略的吸収合併により電気事業に注力。
    • 1991 従業員18,500名、営業所は23か国。シュナイダーエレクトリックと合併。

    シュナイダーエレクトリックの歴史

    シュナイダーエレクトリックの歴史と現在のブランドについてご紹介します。
    続きを読む