シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。

別の国を選択し提供している製品をご覧いただけます。また、グローバルWebサイトでは会社情報をご覧いただけます。

別の国または地域を選ぶ

  • Default Alternative Text

    メランジェランの沿革

    シュナイダーエレクトリックブランドとなったメランジェランは、創設より主要革新技術によって高圧・低圧配電の分野に革命を起こし、38名の会社から34,000名の従業員にまで拡大しました。

デフォルトの代替テキスト
1920年に設立されたメランジェランは、革新的な高圧回路遮断機を発表すると、すぐさま国際的な名声を得ました。電力管理の先進技術によって国際的グループに成長し、1992年にシュナイダーと合併しました。

沿革

  • 1920 Paul-Louis MerlinとGaston Gerinが電気機器を製造するメランジェランを創立。開設時の従業員は38名。
  • 1921 初の高圧オイルブレーカーを販売し、国際的に名を広める。
  • 1950s 小型ブレーカーを開発。強力な販売代理店網を構築し、初の海外支店を開設。
  • 1967 高圧用のSF6テクノロジーと初のHexablocメタルクラッドサブステーションを開発。
  • 1974 低圧用のMulti 9モジュール装置を採用。
  • 1986 800~6,300 A対応のMasterpactモールドケースサーキットブレーカーを発表。
  • 1992 シュナイダーと合併。
  • 1994 メランジェランとテレメカニックをシュナイダーエレクトリックSAに合併。
  • 2009 メランジェラン製品、サービス、ソリューションをシュナイダーエレクトリックの配電機器部門に移管。

シュナイダーエレクトリックの歴史

シュナイダーエレクトリックの歴史と現在のブランドについてご紹介します。
続きを読む