国/地域をメニューから選択するか、世界地図上の該当する場所をクリックしてください *
Country Selector Alternate Image
ニュース

    News

    24/04/2017

    シュナイダーエレクトリック、IoTによる自動化を支援する産業用 ソフトウェア「System Platform 2017」の最新版を発表

    • 高度なグラフィック、可視化、ナビゲーションを実現し、さまざまなデータをあらゆるデバイスに素早く表示し、現場の状況認知を高度化
    • IoTプラットフォーム「EcoStruxureTM for Industry」の主要コンポーネントとして多様な業界でデジタル化を推進し、インテリジェンス、意思決定能力、生産性、効率化を向上
    • さまざまな基準への対応、メンテナンス、調達を簡易化

    シュナイダーエレクトリックソフトウェア株式会社(代表:渡辺純一、本社:東京都港区)は、産業用ソフトウェア「Wonderware」(ワンダーウェア)のシステム構築基盤の最新版「System Platform 2017」を発表しました。5月末より日本国内においても提供を開始します。

    次世代プラットフォーム「System Platform 2017」は、優れた可視化とスマートなナビゲーション機能を備えた使いやすいインターフェースに加え、Schneider Electricの産業用ソフトウェア製品ポートフォリオとの統合を果たしています。これにより新旧ソリューションをシームレスに拡張し、産業バリューチェーンにおけるエンジニアリング、オペレーション、アセットパフォーマンスなどの局面をデジタルで統合できるようになりました。

    さまざま情報を活用し意志決定を目指す企業は、インダストリアルIoT(IIoT)が収集した膨大なデータをいかに利用するかという課題に直面しています。また、パフォーマンスの可視化を進めるためには、ITとOT(産業用アプリケーションを実行する運用技術)の融合が求められます。

    Schneider Electricの産業向けHMI / SCADAのバイスプレジデントNorm Thorlaksonは次のように述べています。「『System Platform 2017』は、最新のWebページ作成アプローチのような革新的な方法で、再利用可能な産業用アプリケーションおよびコンテンツを構築します。エンジニアリング作業に際してはカスタマイズやスクリプティングをほとんど必要とせず、各種産業用ハードウェアやソフトウェアとのシームレスな統合を実現することができます。こうした機能により、総保有コスト(TCO)を増やさずにオペレーションとエンジニアリングを強化することが可能です。」

    「System Platform 2017」は、シンプルな使い勝手、ソフトウェアの新しい購入モデル、プログラミングにおいても最上位の使いやすさを提供します。価値創出に要する時間の短縮、フレキシブルな展開モデルによる迅速なシステム拡張のほか、IoTやクラウド、モビリティといった技術の新規導入を促進により企業を支援します。

    「System Platform 2017」の概要は以下のとおりです。
    • 容易なシステム構築:Supervisory、SCADA、MESをはじめ、産業用IoTアプリケーション開発のための唯一のスケーラブルな専用プラットフォームとして、従来の常識を打ち破るベストプラクティスを提供
    • 簡易な操作性:高パフォーマンスと最適化したグラフィックスレンダリングを念頭に開発された現代的なユーザーインターフェースを持つ次世代の視覚化クライアント
    • 保有のコストと手間を軽減:徐々に追加でき、継続的な改善が可能なモジュール式のため、過去のWonderware搭載システムとの完全な互換性を保証。アプリケーションの保守や生産システムの変更に伴うダウンタイムを短縮し、総保有コストを削減

    Thorlaksonは次のように述べています。「Schneider Electric のIoTプラットフォーム『EcoStruxure』の主要コンポーネントである『System Platform 2017』は、企業のデジタルトランスフォーメーションを推進し、デジタルインフラストラクチャーへ投資しつつ俊敏な対応力を備えた組織へ生まれ変わることを可能にします。」

    「System Platform 2017」の詳細は下記をご確認ください。(英語)
    https://www.wonderware.com/hmi-scada/system-platform/

    Schneider Electricについて
    Schneider Electricは世界におけるエネルギーマネジメントとオートメーションのスペシャリストです。2016年の年間売上は250億ユーロ、グループ全体で144,000人の従業員を擁し、100ヵ国以上で、安全で信頼性が高く、効率的で、持続可能な、エネルギーおよびプロセスのマネジメントソリューションを提供しています。 スイッチ一つから複雑な運用システムにいたる、テクノロジー、ソフトウェアおよびサービスは、お客様のより良い運用管理と自動化を実現します。当社の繋ぐ技術は、業界を再編し、都市を変革し、人々の豊かな暮らしを実現します。Schneider Electricではこれを「Life Is On」と呼んでいます。
    www.schneider-electric.com/jp 

    シュナイダーエレクトリックソフトウェア株式会社について
    シュナイダーエレクトリックソフトウェア株式会社は、2014年にシュナイダーエレクトリックのグループ会社となったインベンシス社の産業向けソフトウェアおよびシュナイダーエレクトリックのエネルギーマネジメントソフトウェアを統合し、より専門性高いソリューションの提供を目指すために2017年4月に設立されました。生産効率化・高収益化を実現するソフトウェアベースのソリューションを提供します。