国/地域をメニューから選択するか、世界地図上の該当する場所をクリックしてください *
Country Selector Alternate Image
ニュース

    News

    22/03/2017

    Schneider Electric、エシスフィア・インスティテュートの「世界で最も倫理的な企業」に7年連続で選定

    • 多種機械部門で選ばれたのはSchneider Electricを含む2社のみ
    • Schneider Electricの企業倫理および責任への取り組みが高く評価される

    ※本リリースはフランス、リュエイユ・マルメゾンで2017年3月13日に発表されたプレスリリースの抄訳です。
    2017年3月13日、リュエイユ・マルメゾン(フランス)–エネルギーマネジメントおよびオートメーションのグローバルスペシャリストであるSchneider Electricは、倫理的なビジネス慣行の基準の定義・促進における世界的リーダーであるエシスフィア・インスティテュートにより、「世界で最も倫理的な企業」に選定されたことを発表しました。Schneider Electricは、7年連続で受賞しています。

    エシスフィア・インスティテュートは、「世界で最も倫理的な企業」のリストを公表し11年目になります。これは、倫理的な行動を通じて利益創出と競争上の差別化を推進し、各業界で倫理的な模範企業を表彰するものです。今年は19カ国の52業界から124社が選ばれました。「多種機械部門」で受賞したのはSchneider Electricを含む2社のみでした。

    Schneider Electricの財務・法務の副最高経営責任者であり、倫理と責任委員会の議長を務めるEmmanuel Babeauは次のように述べています。「7年連続でエシスフィア・インスティテュートから表彰されたこと、業界で選ばれた2社のうちの1社になれたことを誇りに思います。私たちが独自のコーポレートバリューに基づいて企業倫理の課題に積極的に取り組んでいることが証明されました。お客様は、当社の倫理基準が最高レベルにあり、地球環境と社会のサステナビリティに貢献していることを確信できるでしょう。」

    エシスフィア・インスティテュートのCEOであるTimothy Erblich氏は次のように述べています。「この11年で、企業をとりまく社会や政治の状況は変化し、法律のあり方も根本から変わってきました。世界で最も倫理的な企業として表彰された企業は、課題に適切に対処しています。そうした企業は、世界中で地域社会に投資し、ダイバーシティとインクルージョンを重視した戦略を策定し、長期的視点を持つことにより、持続可能なビジネスという強みを得ています。Schneider Electricの皆さんに、『世界で最も倫理的な企業』として選ばれたことにお祝いを申し上げます。」

    責任と倫理に対する世界的な取り組み
    Schneider Electricは、企業の成長と競争力強化には倫理とガバナンス(企業統治)が重要であると考えています。倫理とガバナンスに関する活動は、グループ従業員に責任ある行動の枠組みを示す一連の指針である「行動責任の原則」を通じて管理されています。「行動責任の原則」は、Schneider Electricのガバナンス原則、国連グローバルコンパクトの10原則、世界人権宣言、国際的な労働基準を踏まえて作成されました。この文書は30言語に翻訳され、グループ企業の全従業員に送付されています。さらに、Schneider Electricの従業員が潜在的な倫理上の問題の解決を解決できるよう支援する「責任と倫理ダイナミクス」のプログラムも実施されています。このプログラムは、定期的に社内広報と内部監査を行っており、2015年初頭からはSchneider Electricの持続可能性スコアカードである「地球と社会のバロメーター」の倫理パフォーマンス指標としての役割も果たしています。2016年末には、Schneider Electricのグループ企業の93%がこの指標の目標値を上回るパフォーマンスを達成し、企業倫理と社会責任のアセスメントに合格しました。2017年末までに100%の合格を目指しています。

    2017年の「世界で最も倫理的な企業」のリストは、エシスフィア・インスティテュートのウェブサイトからご覧ください。

    エシスフィア・インスティテュートについて
    エシスフィア・インスティテュートは、企業イメージ、市場の信頼、事業の成功を推進する倫理的なビジネス慣行基準の定義・促進に関する世界的リーダーです。データに基づく知見を使用した重要な倫理基準の測定・定義に関する深い専門知識を有しており、企業イメージの向上を支援しています。エシスフィア・インスティテュートは、「企業の健全性と透明性は、いかなる企業においても市場の信頼の獲得と利益の向上につながる」と考えています。
    www.ethisphere.com 

    Schneider Electricについて
    Schneider  Electricは世界におけるエネルギーマネジメントとオートメーションのスペシャリストです。2016年の年間売上は250億ユーロ、グループ全体で144,000人の従業員を擁し、100ヵ国以上で、安全で信頼性が高く、効率的で、持続可能な、エネルギーおよびプロセスのマネジメントソリューションを提供しています。 スイッチ一つから複雑な運用システムにいたる、テクノロジー、ソフトウェアおよびサービスは、お客様のより良い運用管理と自動化を実現します。当社の繋ぐ技術は、業界を再編し、都市を変革し、人々の豊かな暮らしを実現します。Schneider Electricではこれを「Life Is On」と呼んでいます。
    www.schneider-electric.com/jp