国/地域をメニューから選択するか、世界地図上の該当する場所をクリックしてください *
Country Selector Alternate Image
ニュース

    News

    08/12/2016

    Schneider Electric、「European Utility Week 2016」にて「EcoStruxure Grid」を発表

    •  配電事業者向けのオープンなIoT対応フレームワークにより電力グリッドのあらゆる階層でイノベーションを推進
    • 「つながる製品」、「エッジコントロール」、「アプリケーション・アナリティクス・サービス」の階層における業界最先端技術
    • バルセロナで開催される欧州最大のユーティリティ イベント「European Utility Week」にて発表

    2016年11月15日、バルセロナ(スペイン)―エネルギーマネジメントおよびオートメーションのグローバルスペシャリストであるSchneider Electricは、「European Utility Week 2016」において「EcoStruxure Grid」 (エコストラクチャ グリッド) を発表しました。EcoStruxure Gridは、IoT向けのオープンで相互運用可能なEcoStruxureシステムのアーキテクチャとプラットフォームを基盤とする、電力グリッド向けのフレームワークです。

    配電事業者はEcoStruxure Gridにより、電気・ガス・水道などユーティリティのデジタル化により創出される新たなビジネス機会を最大限に生かすことができます.

    EcoStruxure Gridは、ユーティリティ事業者(電力・ガス・水道などを提供する公益事業者)に、複雑化が進む電力グリッドのオペレーションに対応し、アセット管理を最適化する、統合フレームワークを提供します。ユーティリティ事業者は、“データ”をアクションや意思決定につながる付加価値がついた“情報”を得ることができ、ビジネスオペレーションが向上します。

     

    Innovation at Every Level(あらゆる階層でイノベーションを推進するシュナイダーエレクトリックの戦略)
    オープンで相互運用可能なEcoStruxureは、情報技術(IT)と運用技術(OT)の融合を促進します。相互運用性とは、ネットワーク事業者がサプライヤー1社または自社のレガシーシステムのみに依存することなく、広範なスマートグリッドエコシステムの恩恵を享受できることを意味します。

    Schneider Electricのエネルギーオートメーションビジネス担当シニアバイスプレジデントであるVincent Petitは次のように述べています。「デジタル化、再生可能エネルギーの分散型電力グリッド、ITとOTの融合などのトレンドにより、ユーティリティ事業者に多くの課題と機会がもたらされています。今必要とされているのは、ユーティリティ事業者が電力グリッドのあらゆる階層で価値を創出するために利用できる、オープンで相互運用可能なIoT対応フレームワークです。それは、事業者と消費者の双方が、より低炭素でよりスマートな未来を築くための方法といえます。そしてそれを実現するのがEcoStruxure Gridなのです」

    エンドツーエンドかつオープンで相互運用性を備えたコネクテッドシステムの設計を実現するオープンスタンダードとオープンデータモデルを基盤としたEcoStruxure Gridは、「つながる製品」、「エッジコントロール」、「アプリケーション・アナリティクス・サービス」の3つの層におけるSchneider Electricの業界最先端の技術により実現したフレームワークであり、サイバーセキュリティ機能で強化されています。

    EcoStruxure Gridは、コネクテッド装置から業界で認められている制御室ソリューションまで、豊富なソリューションポートフォリオを提供します。規模を問わずさまざまなユーティリティ事業者がメリットを得られ、新規のビジネス機会を生かしながらオペレーションのパフォーマンス向上を図ることができます。

    詳細情報をご希望の方は、バルセロナで11月15日~17日に開催されるEuropean Utility Weekのフランスパビリオン(France Pavilion)でSchneider Electricブース(3A101.1)にお立ち寄りください。

    Schneider Electricについて                                                             
    Schneider Electricは世界におけるエネルギーマネジメントとオートメーションのスペシャリストです。2015年の年間売上は270億ユーロ、グループ全体で16万人の従業員を擁し、100ヵ国以上で、安全で信頼性が高く、効率的で、持続可能な、エネルギーおよびプロセスのマネジメントソリューションを提供しています。 スイッチ一つから複雑な運用システムにいたる、テクノロジー、ソフトウェアおよびサービスは、お客様のより良い運用管理と自動化を実現します。当社の繋ぐ技術は、業界を再編し、都市を変革し、人々の豊かな暮らしを実現します。Schneider Electricではこれを「Life Is On」と呼んでいます。

    www.schneider-electric.com/jp