• Default Alternative Text

    データセンターライフサイクルサービス(DCLS): 評価

    データセンターのパフォーマンスを正確に評価して、動作可能時間を最大化し、エネルギー消費を削減し、コストを最小限に抑えます。

Middle-aged man studying to further his education, sustainability.
投資利益率(ROI)を高めるには、パフォーマンスの理解と分析が不可欠です。

データセンターライフサイクルサービス

データセンターライフサイクルサービス
  • ソリューション

    シュナイダーエレクトリックが提供する総合サービスは、リスク、信頼性、容量などのデータセンターのアセスメントと分析をシンプルにします。アセスメントには次のようなものがあります。
     
    • アークフラッシュのアセスメント
    • ブレーカーの調整
    • 力率解析
    • 赤外線サーモグラフィ
    • CFD解析
    • 電力潮流の負荷
     
    これらのアセスメントがエネルギー管理とコスト節減を牽引します。
  • 提供価値

    エキスパートが、オートメーションツールとベストプラクティスを活用し、投資効果の最大化をお手伝いをします。
     
    トレーニングを修了し、標準的かつ文書化された、検証済みのデータセンター評価のノウハウを持つ7,000人以上のスペシャリストのチームです。私たちのアセスメントでは、安全性と容量の課題、低効率の要因、効果的ではない戦略などの重要な要因を特定します。
  • 差別化

    • データセンターの安全性と可用性を確保するため、世界で最も多くのブレーカー調整およびアークフラッシュ評価を行っています。
    • また、電力、冷却、ITルーム、およびセキュリティアセスメントサービスの総合的なポートフォリオを提供します。
    • シュナイダーエレクトリックの専用サービスサプライチェーンは、包括的なグローバルサポートを提供します。
データセンターの電力管理について議論するシュナイダーエレクトリックの技術者
データセンターの所有者が求める施設の存続期間にかかわらず、物理インフラはビジネスおよびIT要件が変わっても、ファシリティ設計のパフォーマンスの仕様を継続的に満たし続けることが期待されます。データセンターのライフサイクルの各フェーズとこれらの相互関連性を経営陣が理解することが、この実現につながります。各フェーズで何が起こるのか、主要な管理タスク、潜在的なリスク、ある段階が次のフェーズにどのような影響を及ぼすかといったより大局的な状況を理解することが、データセンターのコスト、展開スピード、可用性、および効率の目標を達成するために役立ちます。

利益

  • データセンター内でタブレットを持つ男性,データセンター管理,データセンターオペレーション
     
    • 安全性およびリスク評価 
    • 可用性検証 
    • セキュリティアセスメント
    • 認証サービス
    • エネルギー管理アセスメント
  • データセンタールームの内部、データソリューション、データセンター管理。
     
    • コスト削減
    • 予防保守と資産管理
  • ビッグデータ分析の画面を背後に電話する若い男性、持続可能性レポート。
     
    • 経営上課題、技術的課題の解決支援
    • ITルーム、電力、冷却およびセキュリティ、オンサイトまたはリモートモニタリング