ソフトウェアインダストリアル、データ図が表示された画面をタッチする男性

IIoTとは、新しいシステムを既存システムと置き換えることではありません。

エンドユーザーはすでにIIOTと制御システムに投資しており、新たなテクノロジーを導入するための高額の投資を望まれないでしょう。また、ダウンタイムのリスクが上がり、関連コストもかかるため、短期間で大幅な変更を行うことにも難色を示されます。 現在のIIoTのメリットは、これまでよりも効率よく事業を管理するため、 オートメーションシステムと企業の計画、スケジュール、製品の ライフサイクルシステムをリンクさせる能力にあると言えます。

IIoTの長期的な影響を予測するために3つの業務環境に着目しています。

  • スマートな企業管理: – 接続されたマシンと製造資産を、企業内の広範にわたって統合し、これまで以上に柔軟性と効率が促進され、利益性を高めます。

  • 資産パフォーマンス管理: – コスト効率の良いワイヤレスセンサー、クラウドへの簡単な接続、データ分析を導入することで、資産のパフォーマンスを改善できます。データを現場から収集しリアルタイムで実行可能な情報に変換し、賢明な判断や先を見越した意思決定プロセスに繋げます。

  • ARを駆使: – 将来的に従業員は、生産性を向上するためにモバイルデバイス、データ分析、AR、を使用するようになるでしょう。ベビーブーム世代の退職が急速に増加し、代わりに入ってくる若い世代の工場作業者はすぐに使える情報を求めているため、人を中心とした業務に取り組む熟練の作業者は非常に少なくなっています。若い世代にとっては、情報はリアルタイムで提供されるのが当たり前です。工場はマシン中心からよりユーザー中心の環境へと進化しています。

次世代のIIoTシステムが広く導入されるようになるまでに克服しなければならない障害はいくつかあります。これには、IIoTに関連する業界基準の確立、サイバーセキュリティに対する保護、そして新しいスキルに社員を適応させることが含まれます。 

IIoTシステムが広く導入されるようになるまでに、業界基準の確立、サイバーセキュリティ対策、新しいスキルへの適応などの障害があるかと思います。

IIoTの導入はスローペースでであるにも関わらず、製造業への影響は広範囲に及びます。段階的に導入するため、物理的なインフラは時間をかけた移行ができ、センサーのコストは急激に下がり、オープンIPベースのプロトコルはさらに勢いを増しています。クラウドベースのソリューションの導入が現実的になっており、私たちのようなサプライヤーは、製造システムにIIoTテクノロジーを導入し、より効率的かつ安全で持続可能なスマートな製造企業への進化を後押しするためのノウハウを持っています。

システムと企業の計画、スケジュール、製品のライフサイクルシステムをリンクさせて事業を上手に管理する方法についての詳細は、ホワイトペーパーをご覧ください。
詳細はこちら