• データセンターの持続可能性を戦略として考える

デフォルトの代替テキスト
「安全でセキュアな信頼できるITサービスを保証しながら、停電を減らすことができました。」MMUのJeff Hall ITサービス業務担当役員

マンチェスターメトロポリタン大学 (MMU) のデータセンターがどのようにCO2排出量を削減したか見てみましょう。

英国最大のキャンパスベースの学部大学であるマンチェスターメトロポリタン大学は、データセンターの効率と可用性の向上および持続可能性の強化を実施しました。

MMUのITサービス業務担当役員であるJeff Hall氏は、「シュナイダーエレクトリックのモジュール方式のアーキテクチャにより、新しいデータセンターを段階的アプローチで構築できました。実際には、部屋の中に部屋を作りました」と述べています。

MMUはCO2排出量を削減し、30%を超える省エネを実現しました。

大学でITサービスを改善するために持続可能性がどのように活用されているかを紹介します。
詳細はこちらから