• 電力供給を維持: バックアップバッテリーシステムの管理方法

デフォルトの代替テキスト
予測可能な問題と製造時の不具合は合わせてバッテリー故障の合計の69%を占めています。出典:『Report of the Battery Council International』(2010年)

非常用電源システムは、バッテリーを使用して最適なタイミングで電力を提供し、発電機の起動やUPSを動作させます。しかしながら、バックアップ電源障害の最も一般的な理由は、バッテリーの放置です。このため、施設の管理者は自動バッテリーテストシステムを使用して、バッテリーの動作状態を評価する必要があります。

バッテリーの性能に影響を与える可能性がある問題には、次のようなものがあります。

  • バッテリーは、将来に起こる可能性のある故障を事前に表示しません。
  • 寿命前にバッテリーを交換すると、製造時の不具合という新しいリスクが生じます。
  • 使用法によって、バッテリーは予想寿命を全うしないことがあります。
  • バッテリーのセル内が高温になると、腐食が加速することもあります。
  • 充電不足は容量損失、過充電はセルのドライアウトの原因となることもあります。

医療または重要な発電設備の効果的な設計および安全で安定的な電力供給のためのエネルギー管理計画の一環として、バッテリーの動作状態の分析を行うべきです。

停電から重要な設備を保護するためのバッテリーバックアップシステムの動作確認方法を紹介します。
詳細はこちらから