• 空調(HVAC)システムの効率化

デフォルトの代替テキスト
シュナイダーエレクトリックのオンラインコースであるEnergy Universityの「HVAC Efficiency and Equipment Optimization」は、HVAC機器の効率を最大化するための知識を得るために役立ちます。

最大限のエネルギー消費効率と節減を企業で実現するため方法

企業は、社員の生産性向上に貢献する快適な労働環境の構築に役立つため、暖房、換気、空調(HVAC)に年間運用費の大部分を費やすことをいといません。実際、HVACがビルのエネルギー消費の40%以上を占めることもあります*。しかし、施設の管理者とデータセンターオペレーターは、換気、温度、およびシステム使用の制御と管理を改善することにより、HVACのエネルギー消費を最適化し、コストを大幅に削減できます。効率的な冷却方法を学ぶ
設備の管理者とデータセンターオペレーターの多くは、高額な冷却費用が企業の最終損益にどのような影響を及ぼすか把握していますが、最適なエネルギー効率の冷却システムを構築し、コストを抑えて運用するために適したリソースと知識を持ち合わせていません。シュナイダーエレクトリックのオンラインコースであるEnergy Universityの「HVAC Efficiency and Equipment Optimization」は、HVAC機器の効率を最大化するために必要な知識を得るために役立ちます。エネルギー大学のMichelle Souzaグローバルプログラムマネージャーは、「Learn What Makes for an Energy Efficient HVAC System at Energy University」というタイトルの最近のブログで、このコースで取り上げられるトピックについて論じています。このコースでは、具体的には、効率推進に必要な以下の取り組みが明らかにされます。 

  • 適切なサイジング: 各施設では、大型の中央設備が一般的ですが、これらは大きすぎます。このコースでは、スマートな分散ユニットで予想される最大負荷をどのように適切に管理できるかを説明します。したがって、機器の正しい選択とサイジングが、冷却効率の向上を成功させるカギになります。
  • 可変する負荷の管理: 可変する負荷に対応するためには、夜間と日中の温度と湿度の違いや1日を通してのビルの占有レベルなどを考慮する必要があります。

試算
HVAC機器の効率を最大化するすべての計画を進める前に考慮すべき要因は多数存在します。まず、冷却効率を最適化するにあたり効率的なHVAC機器は重要な検討事項ですが、機器のセットアップも重要であることに目を向けるべきです。Souzan氏が説明しているように、「効率的な機器で設計したシステムでも非効率的に使用すると非効率的なシステムになります」

HVACシステムの効率を判断するには、エネルギー効率比(EER)などの測定値が役に立ちます。エネルギー効率比は非常に簡単に理解できます。数字が大きいほどエネルギー効率が高い空調です。どのように計算するのでしょうか? EERの計算方法を知ることは、HVACについてより良い決断を下すために役立ちます。このコースではEERやSEER (季節エネルギー効率比)などの冷却効率の目的に関連する他の比率を求める方法についてのガイダンスを提供します。他には以下のような数字を考慮する必要があります。

  • 暖房季節性能因子(HSPF) – ある期間の(屋外から建物内部に熱を運ぶ)熱ポンプの平均性能の比率です。
  • 性能係数(COP) – HVAC装置の圧縮力(kWおよび馬力単位)とトン単位の冷却容量の比率です。COPが高いほどHVACの効率が高くなります。

コースでは、熱伝導装置や冷却塔などのHVACの他の構成要素やエアサイドエコノマイザーの効率についても説明します。

*出典:ビル向けエネルギー効率ソリューション: 省エネへの道を先導する

HVACのエネルギー効率を最大化する方法今すぐEnergy Universityの「HVAC Efficiency and Equipment Optimization」で、活用方法を学んでください。
詳細はこちらから