• エキスパートガイド: 古くなったUPSの扱い

デフォルトの代替テキスト
与えられた選択肢を老朽化したUPS機器に関する健全な判断にする一般的な条件。

データセンターの運用期間において、所有者はUPSの動作状態を監視し、突発的な故障のリスクを軽減する必要があります。コスト、実装時間、および期待性能面で古くなったUPSについて最適な決定を行うには、以下の要素が必要です。

  • サービス年数
  • アウトソーシング戦略
  • 冗長化および効率要件
  • インフラサポート
  • 現在の動作状態
  • データセンターの今後の計画

選択肢はシンプルで、故障するまで使用する、アップグレードする、または新しいUPSを購入するのいずれかしかありません。正しい判断をする論理的なアプローチでは、現状を評価し、将来のニーズを予想し、長所と短所を比較します。詳細を読むには、シュナイダーエレクトリックのホワイトペーパー『Guidance on What to Do with an Older UPS.』(英語版)をダウンロードしてください。

関連するリソース:

UPS Efficiency Comparison Calculator

データセンターの老朽化したUPSの対処に関するガイドをダウンロード
詳細はこちらから