テクニカルFAQ

質問

PowerChute Network Shutdown v3.1における、Network Management Cardとの通信確立について

このページでは、PowerChute Network Shutdown v3.1において、Network Management Cardとの通信確立に対する動作仕様について説明しています。

【対象製品】
PowerChute Network Shutdown v3.1 (全てのオペレーティングシステム)

【問題の概要】
PowerChute Network ShutdownがNetwork Management Cardとの通信確立に失敗する。または、通信確立までに時間がかかる場合があります。
この時、イベントログに"PowerChute is not receiving data from the Network Management Card."が記録されます。

【詳細】
Network Management Cardとの接続が何らかの原因で確立できない場合、pcnsconfig.iniファイルのlocalHostAddressにループバックアドレスが上書きされることが原因です。

例) pcnsconfig.iniファイル

[Networking]
localHostAddress = 0:0:0:0:0:0:0:1

この現象は、使用中のサーバにネットワークカード (NIC)が複数枚入っている状態 (設定・非設定関係なくデバイスとして有効になっているだけも含む)で、PowerChuteをインストールする場合に発生することがわかっています。

【回避方法】
以下2つの手順を実施し、PowerChute Network ShutdownとNetwork Management Cardの接続を再確立してください。
  1. PowerChute Network ShutdownのPowerChute Setupを再度実行してください。
  2. Network Management CardのWEB UIで、Configuration > PowerChute Clients > PowerChute Network Shutdown Clients に登録されているIPアドレスを削除してください。
※この問題はPowerChute Network Shutdown v4.0で修正されています。
これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?