テクニカルFAQ

質問

Symmetra RMの長期停止時の注意事項

Symmetra RMを長期間停止される場合は、停止期間中は全てのバッテリモジュールを取り外してください

Symmetra RMを長期間(例えば3日間以上)停止される場合は、下記の手順に従って停止期間中においては必ず全てのバッテリモジュールを取り外してください。

バッテリモジュールを入れたまま停止させているとバッテリが放電することで、UPSが起動しなくなり、使用できなくなります。

※注意
バッテリモジュールの取り外し・取り付け作業は必ず2人以上で作業を行ってください。

1 停止手順

1.1 通常の停止手順に従って負荷機器を停止してください。
1.2 負荷機器側の分電盤のブレーカを全てオフにしてください。
1.3 PowerViewが付いているカバーを外してシステムイネーブルスイッチをオフにしてください。
1.4 本体の前面のカバーを全て取り外してください。
1.5 背面の入力サーキットブレーカをオフにしてください。
1.6 Symmetra RMへの給電を停止してください(入力側分電盤のサーキットブレーカをオフ)。
1.7 モジュールベイに取り付けられている一番上のバッテリモジュールより順に外してください。
1.8 前面のカバーを全て取り付けてください。



2 運転手順

2.1 前面のカバーを全て取り外してください。
2.2 バッテリモジュールを一番下のモジュールベイより順に取り付けてください。バッテリモジュールをしっかり押し入れ、ドロップロックがかかるのを確認してください。
   この手順に従って全てのモジュールを取り付けてください。
2.3 背面の入力サーキットブレーカをオンにしてください。
2.4 前面インテリジェンスモジュール横のシステムイネーブルスイッチをオンにしてください。
2.5 Symmetra RMへの給電を開始してください(入力側端子のサーキットブレーカをオン)。
2.6 負荷機器側の分電盤のブレーカを全てオンにしてください。
2.7 通常の停止手順に従って負荷機器を起動してください。
2.8 前面のカバーを全て取り付けてください。

これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?