テクニカルFAQ

質問

PowerChute Network Shutdown v3.1 の VMware ESXi HA構成と初期設定方法

PowerChute Network Shutdown v3.1のVMware ESXi HA構成と初期設定方法

PowerChute Network Shutdown v3.1にてVMware ESXi HA構成を実施する際は、下記構成にてサーバを構築してください。
構築方法は下記2点のいづれかとなります。

【構成方法の種類】
  1. vCenter Serverと、PowerChute Network ShutdownをHA構成外の別物理マシーンに導入する。(図1)
  2. vCenter ServerをHA構成上のゲストOSに導入する。PowerChute Network ShutdownをHA構成外の別物理マシーンに導入する。(図2)


【構成例】
図1
 
図2

・ 図1、図2 の構成ともにActive Directoryを導入されている環境を推奨します。
・ PowerChute Network Shutdownインストール時の注意点を以下に記載します。
1)PowerChute Network Shutdownをインストールする際、WindowsのユーザアカウントはActive Directoryのアドミニストレーターユーザのアカウントでログインし、その上で、PowerChute Network Shutdownをインストールする。
2)vCenterやvSphereからESXiホストのアカウントを管理者権限のアカウントとしてください。
Active Directoryを利用しない場合は、全てのアカウント共通の管理者権限をもつユーザを登録してください。



[ PowerChute Network Shutdown インストール後の初期設定方法 ]
 
1. 初期設定開始

 
設定についてはWebブラウザにて行われ、証明書のエラーとなる場合がございますが、閲覧を続行してください。
PowerChute Network Shutdownのインストールが開始されますので、"Next"ボタンをクリックしてください。
 
2. IPv4、IPv6の選択

 
ご利用環境のIPv4、IPv6の選択をしてください。
3.vCenter Serverの利用を選択する。

 
Host managed by vCenter Serverを選択する
4.vCenter Serverの設定

 
vCenter ServerのIPアドレスとユーザ名、パスワードを入力しNext
5.vCenter Serverの確認画面

 
確認画面が表示されます。
6. UPSの構成選択

 
Single: シングル UPS構成
PowerChute Network Shutdownをインストールしているコンピュータの電源を
1台のUPSから取っている場合に選択してください。

Redundant: 冗長 UPS構成
Redundant : Two or more UPS providing redundancy, with multiple power cables from the computer.
PowerChute Network Shutdownをインストールしているコンピュータの電源が冗長化され、
2台以上のUPSから電源をとっている場合にはこちらを選択してください。


Parallel: パラレル UPS構成 - 選択しません(*1)

Advanced(VM Migration Support): Advanced構成
各ホストに個別のUPSで保護されている場合に選択してください。
7.セキュリティー設定
コミュニケーションをとるNetwork Management Cardに設定されているユーザ名、パスワードならびにフレーズを登録します。

User Name:
Network Management Cardの
"Administration"のタブ - "Local User" - "Administrator" に設定されたユーザ名をこちらに入力してください。

Network Management Cardにおいて、User Nameを変更されていない場合には
"apc" がデフォルトのユーザ名となります。

Password :
同項目で設定されたパスワードを入力ください。
Network Management Cardでこちらを変更されていない場合には
"apc" がデフォルトのパスワードとなります。

Authentication Phrase :
Network Management Cardの
"UPS"のタブ - "PowerChute" - "Configuration" で表示される "Authentication Phrase: "に設定されたフレーズを入力してください。
デフォルトのフレーズは "admin user phrase" です。

(本設定においては、上記のデフォルトのフレーズがあらかじめ記入されていますので、変更されている場合にはそのフレーズを本項目に入力ください)

尚、ここに設定された"ユーザ名"と"パスワード"はPowerChute Network Shutdownのログインの際に対しても同様の値で適用されます。
 
8. 接続先UPSのNetwork Management Card情報登録

 
PowerChute Network Shutdownとコミュニケーションを行うNetwork Management Cardに設定されている情報を登録します。

NMC Protocol:
Network Management Card にWEBアクセスする際の接続方法を選択してください。


NMC Port:
Network Management Cardに設定されているポート番号を入力ください。
デフォルトは80となります。

NMC IP address:
関連付けるUPS(電源をとっているUPS)に装着されているNetwork Management Cardの IPアドレス を入力してください。
9. 設定確認

 
6〜8.までに設定された内容の確認となります。
設定内容を確認し、問題なければ "Apply"をクリックしてください。
10. UPSとの通信確認

 
カードとのコミニュケーション結果が表示されます。

Communications established
となるとNetwork Management Cardの登録が完了です。
11. VMware Hostの構成設定

 
UPSで保護するサーバを右側の項目から選択します。
(ドラックで移動)
12. UPS Outlet

 
PowerChute Network Shutdownがインストールされたコンピュータが
UPS背面の出力コンセントグループのどこに接続されているか設定してください。
※Smart-UPS LCD(SMT、SMXシリーズ)と通信している場合に表示されます。
13. UPS Outletの確認画面

 
12.で設定された出力コンセントグループの設定を確認できます。
問題なければ"Next"をクリックしてください。
14. シャットダウンの設定

 
Virtual Machine Shutdown : シャットダウンシーケンス中にゲストOSのシャットダウンを行います。
Virtual Machin Startup : 電源復旧時に自動的にゲストOSを起動させます。
vApp Shutdwon : シャットダウンシーケンス中にvAppを停止させます。
PowerChute vSphere Plubin : vCenterのプラグインにPowerChute Network Shutdownを加えます。
15.設定確認

 
設定の確認します。
14. UPSのシャットダウン

 
OSシャットダウン後のUPS出力停止を実施するかの確認となります。

Turn off the UPS Outlet Group : 出力コンセントグループのみの出力停止
OSシャットダウン後、15.で設定された出力コンセントグループのみ停止します。

Turn off the UPS; UPSの出力停止
OSシャットダウン後、UPSを停止します。(全てのコンセントグループを停止します。)

Do not turn off the UPS; UPSの停止なし
OSシャットダウン後も継続してUPSはバッテリ運転を続けます。(UPSは停止しません。)
15. 設定完了

 
インストールおよび設定が完了しました。
Finishボタンをクリックしてください。
これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?