テクニカルFAQ

質問

PowerChute Business Edition v9.1.1サーバ、コンソールのインストール方法

PowerChute Business Editionのサーバ、コンソールをインストールする方法を記載します。

はじめに:
PowerChute Business Editionサーバ、コンソールをインストールするにあたり、PowerChute Business Edition エージェントを事前にインストールをする必要があります。
サーバ、コンソールのコンポーネントはエージェントを管理、アクセスする場合にインストールします。インストール手順は以下のとおりです。

インストール:

1. インストール開始画面

 
製品のインストール画面にて[Windowsサーバ]の項目の[Install]を選択します。
2. サーバのインストールウィザード開始画面

 
サーバのインストールウィザードが起動したら[次へ>]を選択します。
3. ソフトウェア使用許諾契約書

 
ソフトウェアの使用許諾となります。
内容を確認のうえ、承諾の場合 "はい" をクリックし次に進んでください。
 4.ユーザ名、パスワードの設定

 
PowerChute Business Editionエージェントで登録いただいた任意のユーザ名、パスワードを
入力してください。
入力完了しましたら、"次へ"を選択します。

使用できない文字:
「スペース(空白)」、「*(アスタリスク)」、「:(コロン)」、「”(ダブルクォーテーション)」

※ユーザ名、パスワード共に 3文字以上 16文字以内となります。
5.製品のアップデート情報

 
製品アップデート情報の内容を確認後、必要に応じてチェックし[次へ>]を選択します。
6.ファイルインストール

 
ファイルのインストールを行っています。
そのままお待ちください。
7.サーバサービスの作成

 
サーバの設定をおこなうため、しばらく待ちます。
8.ファイアウォールの例外リストへの追加

 
ファイアウォールの例外リストへの追加をしますので、[ はい ]を選択します。
9.サーバインストールの完了

 
サーバインストール完了のメッセージが上がるので[完了>]を選択します。
 10.設定プロファイルの作成

 
サーバの設定画面が上がるので、[次へ(N)>]を選択します。
 11.通知手段の設定

 
通知手段の設定を選択します。

ポケベル、E-Mail通知、ブロードキャストメッセージの何れか一つ選択する必要があります。
※通知が必要無い場合は、何れか一つ選択し、存在しない通知先を設定してします。

選択後、[次へ(N) >]を選択します。
 12.電源保護方針

 
電源保護方針を設定します。
電源保護方針の設定項目を確認し、環境にあった設定後[次へ(N)>]を選択します。

・ランタイム重視
  バッテリをシャットダウンに必要な時間まで使用後、シャットダウンを行います。

・安全性重視
  UPSが1分間バッテリ状態を継続した時点で、シャットダウンを行います。

※電源保護方針の設定はインストール後でも変更可能です。
 13.システムシャットダウン

 
システムのシャットダウンにていて確認を行います。
確認後、[次へ(N) >]を選択します。
 14.設定の概要

 
設定の概要を確認を行います。
確認後、[次へ(N) >]を選択します。
15.変更の完了

 
設定の変更が完了しましたので、[完了(F)]を選択します。
16.デバイスリストの追加

 
事前にインストールしたPowerChute Business Edition エージェントが、検出されたデバイスに
表示されますので、[ 追加 --> ] ボタンをおして、追加を行います。
17.デバイスリストの設定

 
上記16.で追加したデバイスリストが追加完了後、[ 適用 ]ボタンをおして、デバイスリストの
設定を行います。
18.デバイスリストの設定

 
デバイスリストを設定していますので、しばらく待ちます。
 19.PowerChute Business Editionコンソールのインストール

 
製品のインストール画面にて[Windowsコンソール]欄[Install]を選択します。
20..コンソールのインストールウィザード開始画面
  
 
サーバのインストールウィザードが起動したら[次へ>]を選択します。
21.ソフトウェア使用許諾契約書
    
 
ソフトウェアの使用許諾となります。
内容を確認のうえ、承諾の場合 "はい" をクリックし次に進んでください。
22.セットアップステータス
  
 
ファイルのインストールを行っています。
そのままお待ちください。
 以上のインストールが完了しましたらインストール完了となります。




起動確認:

1. 実行
スタートメニュ - プログラム - PowerChute Business Edition - コンソールを実行してください。


2. PowerChute Business Editionログイン画面
PowerChute Business Editionサーバに登録しましたユーザ名、パスワードを入力
  サーバの項目にはPowerChute Business EditionサーバをインストールしたIPアドレスなど入力ください。


3. PowerChute Business Editionメイン画面が表示
  メイン画面が表示されるので、PowerChute Business Editionをインストールした
  サーバ名もしくはIPアドレスが表示されていることを確認し登録ありましたら完了です。
 
これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?