テクニカルFAQ

質問

PowerChute Business Edition v9.1.1 for Linux のインストール方法 [Smart-UPS LCD (SMT/SMXシリーズ)の構成]

Smart-UPS LCD (SMT/SMXシリーズ)の構成下でPowerChute Business Edition v9.1.1 for Linuxをサーバに導入する際のインストール方法を説明します。

Smart-UPS LCD (SMT/SMXシリーズ)をご使用の構成で、PowerChute Business Edition v9.1.1 for Linuxをサーバに導入する際は、キャラクターによるCGIでのインストールとなっております。

対象UPS型番
タワー型: SMT500J、SMT750J、SMT1000J、SMT1500J、SMT2200J、SMT3000J
ラックマウント型: SMT1200RMJ1U、SMT1500RMJ2U、SMT3000RMJ2U、SMX3000RM2U

* Smart-UPS(SUAシリーズ)の場合は こちらを参照してください。

 

前面
       前面
  
SMT1000Jコンセント配置
SMT1500RMJ2Uコンセント配置
SMX3000RMJ2Uコンセント配置



以下のような手順にてPowerChute Business Editionのファイルの展開を行い、設定、使用を開始ください。
【手順】                                                                                                                                                                      
  1. UPSに同梱されていたケーブルで、UPSとサーバ間を事前に接続
  2. インストーラ install_pbeagent_linux.sh を実行

1. ケーブルの接続
   UPSに同梱されていたケーブルで、UPSとPowerChute Business Editionをインストールするサーバを接続してください。
   9ピンのシリアルケーブルをパソコン、RJ45(ネットワークポートに似た形状のポート)をUPSに接続します。
 
パソコン←
→UPS



以下のインストール例は/tmp/pcbe911で作成したディレクトリにてファイルを展開、インストールを行う場合となります。
太文字(黒)がインストール時の設定項目、 がインストールで設定事項、コマンド等、入力する文字となります。

2. インストールの実行
展開したファイルのディレクトリに移動し、下記青字のコマンドを実行しインストールを開始してください。
 
# cd tmp/pcbe911/                                                                                                                   
# ls
Linuxreadme.txt Linuxreadme.txt.ja_UTF8 rpms
Linuxreadme.txt.ja install_pbeagent_linux.sh

#./install_pbeagent_linux.sh

== PowerChute Business Edition Agent Installation ==

For instructions on upgrading PowerChute, please refer to the readme
file in the Linux install folder.


Different monitoring ports are available on the back of the UPS depending on
the UPS model.
Please select the appropriate option below to proceed with the installation
process.

What type of UPS monitoring port is on the back of your UPS ?


3. UPSの通信ポート選択(RJ45の選択)
UPSの通信ポートを選択します、SMT/SMXシリーズの場合は "RJ45"を選択します。
 
What type of UPS monitoring port is on the back of your UPS ?                                                     

1) DB9

2) RJ45

3) Cancel Agent installation.


Please select option 1, 2 (Press 3 to cancel): 2


4. 拡張機材の利用有無
現在拡張機材の販売が無いため"No"を選択します。
 
Are you connected to a Share UPS, Interface Expander or in Simple Signalling mode ?                   

1) Yes

2) No

3) Cancel Agent installation.


Please select option 1, 2 (Press 3 to cancel): 2


5. エージェントのアクセスユーザ名、パスワードの設定
インストール後のPowerChute Business Editionへアクセスするためには、ユーザ名とパスワードが要求されます。
そのためのユーザ名、パスワードを設定してください。
尚、ユーザ名、パスワードはユーザ様にて任意に設定するものとなります。設定したものを控え、管理してください。

*ユーザ名、パスワードを忘れた場合には、再インストールが必要となります。
 
Schneider Electric IT Corporation                                                                                               
PowerChute Business Edition Agent Configuration Utility
------------------------------------------------------------
New Username
> 任意
New Password
> 任意
Confirm New Password
> 任意 (確認のための再入力)


6.ポートの設定
通信ケーブルが接続されているサーバのCOMポートを選択します。OSで認識しているUPSを接続しているCOMポートを指定し、表示されている番号を入力してください
例: COM1=/dev/ttyS0、COM2=/dev/ttyS1
 
Select the serial port                                                                                                             
[1]: /dev/ttyS0
[2]: /dev/ttyS1
[3]: Other
> 任意


7.設定内容の確認
設定された内容が表示されます。
設定内容を確認のうえ "Yes" を入力ください。設定の変更をおこなう場合には、"No" を入力してください。
== Selected Configuration: ==                                                                                                 
Cable Type: Serial
Serial Port: /dev/ttyS0

Are the UPS settings correct? (Yes or No)
> Yes


8. PowerChute Business Edition エージェントの開始
PowerChute Business Editionエージェントを開始させます。"Yes" と入力ください。
Start PowerChute Business Edition Agent? (Yes or No)                                                                
> Yes

Starting PowerChute Business Edition Agent...
PowerChute Business Edition Agent started.

以上でインストール完了となります。
これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?