テクニカルFAQ

質問

PowerChute Network Shutdown v3.1 for Virtualization 対応OS表

※特記のないものは日本語OS、英語OSともに対応
 
( 2016年8月3日現在)


PowerChute Network Shutdown v3.1 for Viatualization
PowerChute Network Shutdown v3.1 Enterprise Edition

OS Edition CPU JREバージョン
IE 8 IE 9 IE 10 IE 11 Firefox Chrome 備考
Windows Server 2012 R2 Datacenter, Standard  (Core, Full) ※1 x64 jre 1.7.0_45
jre 1.7.0_51
jre 1.7.0_76
jre 8.0
       
Hyper-V Server 2012 R2   x64    
Windows Server 2012 Datacenter, Standard (Core, Full) x64  
Hyper-V Server 2012   x64    
Windows Server 2008 R2 Datacenter, Enterprise, Standard (Core, Full)
(SP1適用済)
x64  
Hyper-V Server 2008 R2 (SP1適用済) x64    
Windows Server 2008 DataCenter, Enterprise, Standard (Core, Full)  (SP2適用済) x86/x64  
Hyper-V Server 2008 (SP2適用済) x64        
VMware ESX 4.1 update 3 x64 jre 1.7.0_45
jre 1.7.0_76
jre  8.0
   
VMware ESXi
※3 ※4
4.0 update 4 x64 jre 1.7.0_45
jre 1.7.0_51
jre 1.7.0_76
jre 8.0
    仮想アプライアンス
vMA 4.0
4.1 update 3 x64 仮想アプライアンス
vMA 4.1
5.0 x64 仮想アプライアンス
vMA 5.0.0.3 ※7
5.0 update 3 x64    
5.1 x64 仮想アプライアンス
vMA 5.0.0.3
vMA 5.5.0.2
vMA 5.5.0.3※7
5.1 update 1, update 2 x64      
5.1 update 3 x64       仮想アプライアンス
vMA 5.5.0.2
vMA 5.5.0.3※7
5.5, 5.5 update 1, 5.5 update 2, 5.5 update 3 x64 jre 1.7.0_45
jre 1.7.0_51
jre 1.7.0_76
jre 8.0
仮想アプライアンス
vMA 5.0.0.3
vMA 5.5.0.2
vMA 5.5.0.4 ※7
6.0, 6.0 update 2 x64 jre 1.7.0_45
jre 1.7.0_76
jre 8.0
    仮想アプライアンス
vMA 6.0
 
・ 英語OSの場合、ヘルプ画面が文字化けしますので、必要に応じて日本語フォントを入れてください。
・ 対応仮想化環境の表記があるOSでは、仮想化を使用しない場合もサポート対象に含まれます。
・ Windows OSについてはPowerChute Network Shutdown for Windows & Linuxで対応する非仮想化(非HA)Windows OSもサポート対象とします。対応OSはこちらのページを参照してください。
・ JRE 8.0は全てのパッチアップデートを含みます。
 
※1 ホストシャットダウン時に仮想マシンがシャットダウンしません。マイクロソフトの更新プログラムKB2887595を適用することにより解決します。
※2 無償版ESXiは未サポートとなります。詳細はこちらのページを参照してください。
※3 VMware ESXiの構成により、インストールファイルは「VMware用」「Windows用」「仮想アプライアンス」のいずれかを選択してください。詳細はインストールマニュアルを参照してください。
※4 スタンドアロンホスト構成時にシャットダウンに失敗する問題があります。詳細はこちらのページを参照してください。
※5 プラグインはvSphere Web Clientには対応していません。
※6 VMware vCenter Server 5.5 (VCSA) update 2は非対応です。
※7 いくつかのvMAバージョンはBashの脆弱性(ShellShock)の影響を受けるため、対応表から削除しました。
     本対応表に記載されたvMAバージョンの使用を推奨します。詳細はこちらのVmware社サイト(英語)を参照してください。
※8 VMware環境ではvMAへのインストールまたは仮想アプライアンスのデプロイのみサポートされています。詳細はK-Base FA271851およびインストールマニュアルを参照してください。

ソフトウェア (PowerChute 等) / Cables 最新対応表ページに戻る
これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?