テクニカルFAQ

質問

Smart-UPS LCD (SMT/SMXシリーズ)のフロントパネルスイッチ、LED表示概要

Smart-UPS LCD (SMT/SMXシリーズ)のフロントパネルスイッチ、通常表示内容の説明です。

Smart-UPS LCD (SMT/SMXシリーズ) では、4つのLED表示とLCDパネルにより状態を表示します。
また、本体のメニュー画面で確認を行いながら、操作ボタンにより設定変更が可能です。
 

         
         
SMT, SMXシリーズの LCD, 操作ボタン配置
SMT1200RMJ1Uの LCD, 操作ボタン配置

【操作ボタン】
(1) 電源ボタン
出力の開始(On)、出力の停止操作(Off)を行います

(2) ESC(エスケープ)キー
選択したメニュー画面をキャンセルするときに使用します

(3) エンターキー
メニューを選択、確定する際に使用します

(4) Upキー
(5) Downキー
設定と情報画面の操作、選択に使用します


【LED表示】

(A) オンライン運転中LED (緑)
UPSから接続機器にオンラインで電力供給が行われると点灯します

(B) バッテリ運転中LED (橙)
バッテリ運転を行っている場合に点灯します

(C) 障害LED (赤)
UPSが装置異常を検知すると点灯し、LED下のLCD画面に内容がテキスト表示されます

(D) 要バッテリ交換LED (赤)
セルフテストによりバッテリ交換が必要と判定されると点灯します。
バッテリコネクタを外し、バッテリが切断された場合にはこのLEDが点滅します

【LCD 画面表示内容】
デフォルトのStandardモードでは単一表示画面にて状態を表示します。
 
text

上段に 接続されている負荷の容量(機器の最大出力に対する負荷消費電力の割合)
下段に バッテリ充電率を数値とバーで表示します

上記のバーによる表示画面であれば、メニュータイプにStandardを選択されていることが判ります。
これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?