テクニカルFAQ

質問

PowerChute Business Edition "過電圧状態頻発"イベント

PowerChute Business Editionのイベント、 "過電圧状態頻発"についての概要、対処方法についての説明です。

イベント概要:
Smart-UPSのAVR Trim機能による過電圧の調整(降圧)が、
過去24時間内に5回以上、または過去一週間以内に15回以上に行われた際に表示されます。

AVR TrimとはSmart-UPSに標準搭載されている自動電圧調整機能のことを示しており、本機能は、ご使用されている環境の商用電源の電圧がUPSに設定されたしきい値を超えた場合に作動します。

イベント動作:
ご使用環境の状態を警告するメッセージであり、PowerChute Business Edition上のステータスとして表示されます。
”イベントのクリア”を押すことで、警告ステータスは解除されます。
尚、本イベントについてはステータス表示のみでイベントログに過電圧状態頻発としての記録は残りません。
 

図. 過電圧状態頻発

推奨する対処方法:
UPSに供給されている入力電圧の品質を改善する必要があることを表しています。
切り替え電圧上限および電力品質感度の設定がお客様の環境に合うよう設定されていることをご確認下さい。
また、これらの設定を変更する際は、UPSに接続された機器が対応可能な値を設定して下さい。

AVR TrimはUPSの入力電源の電圧が高い場合に電圧を補正し、下げる機能となります。
この機能の作動自体は問題ありませんが、作動と解除の動作が頻発する場合にはご使用されている電源の乱れが多発していることが考えられますので
UPSの動作を軽減させるための感度、しきい値をデフォルトの値から変更する必要性があり、また電源環境の見直しの検討も必要と考えられます。

【設定値変更方法】
v9.1.1以降
コンソール画面から対象デバイスをダブルクリック後、ブラウザに表示されるUPS名 - UPS設定を選択し
"電源設定"の切り替え電圧上限ならびに電力品質感度の項目で変更してください。

v9.0.3以前
デバイスのプロパティにて 左下の詳細項目の表示にチェックを入れた上で [全般] - [電源パラメータ] を選択し
表示される"電源の項目"バッテリ切り替え値(上限)ならびに感度の項目で変更してください。

 ■設定変更に際してのしての注意事項
 UPSはバッテリ切り替え値をもって動作するため、変更された場合にはこれまで供給されなかった電圧が負荷機器へ流れることから、負荷機器が対応できる電圧範囲にて変更ください。


備考:
AVR Trimが作動する場合、ご使用環境の電圧が108V(デフォルト設定)を超えたことを示します。
これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?