テクニカルFAQ

質問

Smart-UPS、Smart-UPS RTでPowerChute Network Shutdown使用時にバッテリをホットスワップで交換する際の注意事項

Smart-UPS、Smart-UPS RTでPowerChute Network Shutdown使用時において、バッテリをホットスワップで交換する際の影響と事前確認事項についてご紹介いたします。

Smart-UPS、Smart-UPS RTシリーズではオンライン運転状態(通常の運転状態)のまま、負荷機器を停止せずにホットスワップでバッテリ交換を行うことが可能です。
UPSにNetwork Management Cardを装着し、PowerChute Network Shutdownをご使用されている場合において、
ホットスワップでのバッテリ交換をする際の影響と事前の確認事項について、以下をご参照ください。

【影響】
・ バッテリ交換に伴って、バッテリを取り外している間、UPS本体はバッテリ切断を検知致します。
・ PowerChute Network Shutdownのシャットダウンのオプション設定を有効にしている場合、バッテリ切断をきっかけとしてシステムのシャットダウンが実行されることがあります。
   (デフォルトでは、この設定は無効になっており、その場合には影響はございません)
・ 作業中に商用電源側で電源障害が発生した場合には、UPSは停止します。

【確認事項】
事前に以下をご確認ください。
・ PowerChute Network Shutdownのオプション設定には、バッテリ切断をきっかけとしてシャットダウンを行う項目があります。
   この項目(Battery: Disconnected)が無効になっていることをご確認ください。(デフォルト:"無効")

【確認手順】
(手順1)PowerChute Network Shutdownへログインします。
(手順2)”ConfigureEvent”を選択した右側に表示される以下のEventsと、”Shut Down System”の列が交差する箇所の丸いアイコンにチェックを確認します(図1)。

  • チェックが入っている時は、次項の【対処方法】を実施ください。
  • チェックが入っていなければ、設定は無効になっておりますので、【対処方法】を行う必要はありません。
text図1. Configure Events画面
 
Events
内容
Battery: Disconnected
UPSのバッテリが未接続状態

(手順3)ブラウザの閉じるボタンをクリックして終了します。


【対処方法】
PowerChute Network Shutdownバッテリ切断の設定が有効となっている場合は、作業前までに以下の<対処1>、<対処2>のいずれかを実施ください。


[対処方法1] PowerChute Network Shutdownバッテリ切断の設定を解除する

PowerChute Network Shutdownバッテリ切断の設定を解除するには、次の操作を実施します。

※PowerChute Network Shutdownをインストールしたサーバーが複数台ある時は、全てのPowerChute Network Shutdownで同じ操作にて各コンピュータの設定確認を行ってください。
(手順1)PowerChute Network Shutdownへログインします。
(手順2)”ConfigureEvent”を選択した右側に表示される以下のEventsと、”Shut Down System”の列が交差する箇所の丸いアイコンをクリックします(図1)。
 
Events
意味
Battery: Disconnected
UPSのバッテリが切断
※UPSのメンテナンス作業後に必要に応じてPowerChute Network Shutdownバッテリ切断について再設定を行ってください。

(手順3)Shutdown the system only when the event lasts this long(seconds): に表示された数値をメモに控えます(図2)。
(手順4)”Yes, I want to shut down the system.”のチェックを外します(図2)。
 
図2. Configure EventsのConfigure Shutdown画面

(手順5)「Apply」ボタンをクリックします。
(手順6)ブラウザの閉じるボタンをクリックします。


[対処方法2] PowerChute Network Shutdownのサービスを一時的に停止する

PowerChute Network Shutdownのサービスを一時的に停止する方法は、「PowerChute Network Shutdownサービス停止方法」をご参照ください。

※PowerChute Network Shutdownをインストールしたサーバーが複数台ある時は、全てのPowerChute Network Shutdownで同じ操作を繰り返す必要があります。

※UPSのメンテナンス作業後に必ずPowerChute Network Shutdownのサービスを手動で起動してください。
・バッテリの接続を外している間は、UPSは負荷機器の保護ができず電源障害時には電力供給が途絶え、負荷機器が停止する可能性があります。
頻繁に電源障害が発生している箇所でご使用されている場合や重要な機器を接続されておりますUPSのバッテリ交換につきましてはUPSを停止した上でのバッテリ交換を推奨いたします。
これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?