テクニカルFAQ

質問

PowerChute Business Edition v9.xをSmart-UPS(SMTシリーズ)で使用する場合の電源障害時のシャットダウンプロセス

Smart-UPS(SMTシリーズ)にPowerChute Business Edition v9.xをインストールした際の電源障害時のシャットダウンプロセス

 

SMTシリーズには出力コンセントをグループ毎に制御することが可能となっております。
以下はPowerChute Business Editionを利用し電源障害時のシャットダウンプロセスについての説明です。


【電源障害時のシャットダウンプロセス】


【前提条件】
SMTシリーズの機器をご利用いただいている場合は、ここをご覧頂きコンセントグループの設定を実施してください。
ここでは、"コンセントグループ 1にPowerChute Agentがインストールされているか確認してください。"にチェックを入れた場合の説明とします。



【設定項目】
 

1.シャットダウンプロセスが開始されるまでの待機時間 text

 
電源障害が発生した際にコンピュータをシャットダウンさせるまでの経過時間を選択する画面です。
電源障害発生に対して、即時、一定時間経過後、ランタイム上限(バッテリ容量限度まで)の三択となります。
※この時間内に電源障害が復旧した場合、シャットダウンは開始しません。但し、重要イベントが発生した場合にはその限りではありません。
詳しくは、ヘルプの「シャットダウンイベント(安全性重視)」「シャットダウンイベント(ランタイム重視)」を参照ください。

サーバシャットダウン - 電源障害を選択。表示された"電源障害時のシャットダウン開始:"から選択してください。
2.コマンドファイル実行が実行されるまでの待機時間 text

 
コンピュータのシャットダウンを開始し、OSのシャットダウンを行う前に特定のアプリケーションなど停止する場合など、用意したコマンドファイルの実行と時間を指定が可能です。
コマンドファイルの指定が不要な場合は3.へ進んでください。

デバイスのプロパティ - サーバシャットダウンより"シャットダウンシーケンスの設定"をクリック。
 2-1.コマンドファイルを設定 text

 
コマンドファイルを選択し"次へ"をクリックします。
注:指定可能なコマンドファイルは1つとなります。
  2-2.コマンドファイル実行時間を設定 text

 
1)プルダウンメニューでコマンドファイルを選択してください。
2)コマンドファイルが実行されるまでの待機時間を▲▼で変更ください。
  ※PowerChute Business Edition以外でイベントを設定しない場合、待機時間の設定は通常不要です
   (0:00:00に設定ください)。
3)実行から完了までに必要な時間として期間に設定してください。
3.OSシャットダウンが開始されるまでの待機時間 text

 
1)プルダウンメニューでOSを選択してください。
2)OSシャットダウンが開始されるまでの待機時間を▲▼で変更ください。 
  ※2-2でコマンドファイル実行時間を変更された場合、こちらの時間に反映されます。
3)OSシャットダウン開始から完了までに必要な時間として期間を▲▼で設定する。
4.Outlet Group2 の出力停止までの待機時間 text

 
[ コンセントの設定 ] → [ コンセントの設定 ] → [ コンセントの遅延 ]にて表示されます画面のOutlet Group 2を選択し、"この時間経過後にコンセントグループの電源オフ"を設定する。(デフォルト 90秒)
※Outlet Group 1を変更しますと上記1.〜3.の設定に影響ができますのでご注意ください。
5.復電時の動作 text

 
商用電源復電時に、UPSを自動的に電源オンにするか設定変更する。

AC電源復旧時にすべてのコンセントグループを自動的に電源オン:
 チェックを入れると、復電時に自動的にUPSが電源オンとなります。
 (チェックを外すと、手動でUPS前面の電源オンボタンを押下する必要があります。)
6.再起動時間 text

 
Outlet Group 1、Outlet Group 2 のコンセントグループ電源オンまでの時間の設定を変更する。

1)最低限この時間コンセントグループをオフのままにする:
  他のコンセントグループに関係なく、少なくともここで指定した時間の間、個別のグループを
  電源オフのままにします。(最小4秒)

2)コンセントグループを電源オンにする際に、バッテリのバックアップ時間が最低限必要です:
  復電後、充電が行われ設定されたバックアップ時間を満たした場合にUPSが起動する。

3)遅延時間を追加して順番にコンセントグループの電源をオンにする:
  復電後、設定時間を満たした場合にUPSが起動する。
これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?