テクニカルFAQ

質問

Smart-UPS LCD (SMT/SMXシリーズ)のディスプレイ メニュー [Configulation・設定]

Smart-UPS LCD (SMT/SMXシリーズ)のディスプレイ インターフェースの Configuration (設定)の項目についての説明です。

Configuration (セッテイ)の項目では、UPS本体に保存される各種設定項目の内容確認、変更が可能です。
前面パネルの操作ボタンの上下キーで、メインメニューから Configuration (日本語表示:セッテイ)をエンターキーにて選択、∨キーにて各項目の状態が以下の順に表示されます。
 

         
         
SMT, SMXシリーズの LCD, 操作ボタン配置
SMT1200RMJ1Uの LCD, 操作ボタン配置


 

 
text
項目
表示例(英語)
表示例(日本語)
内容
デフォルト               
1
言語 Language:
English
ゲンゴ:
ニホンゴ
ディスプレイの言語の設定です
English (英語) / ニホンゴ (日本語)
English
2
電源品質設定 Local Power
Quality: xxxxxxx
ゲンチ デンリョク
ヒンシツ:xxxxxxxx
利用環境の電力状態に応じて設定を変更ください
選択した品質に対し、感度、トランスファーポイントを
適切な設定にします
Good (良好) / Fair (普通) / Poor (不安定)
Good
リョウコウ
3
メニュー タイプ Menu Type:
Advanced
メニュー タイプ:
アドバンス
ディスプレイのメニュータイプを設定できます
Standard (スタンダード) / Advanced (アドバンス)
Standard
スタンダード
4
アラーム音 Audible Alarm:
xx
アラームオン:
xx
アラーム音(警告音) を設定できます
ON / OFF
ON
5
LCDバックライト Display:
xxxxxx
ディスプレイ:
xxxxxx
LCDのバックライト設定
Always On(常時ON) / Auto Dim (オート ダーク) /
Auto Off (オートOFF)
Auto Dim
オート ダーク
6
バッテリ装着時期 Battery Install
Date: xxx-xxxxx
バッテリ インストール
ヒヅケ: xxx-xxxxx
バッテリ装着時期(月-年)の設定
バッテリを交換された際にはその時期を設定してください
7
初期値へ戻す Reset to Factory
Defaults: xx
コウジョウ ショキチ ヘ 
リセット: xx
工場出荷時の設定に戻す
No / Yes
No
【備考】
2. 電源品質設定について
UPSを利用している環境の電力状態に応じて設定を変更ください。この選択した感度、トランスファーポイントを最適な設定にします。
感度、トランスファーポイントを別途、個別に変更した場合にはこの項目にはCustomと表示されます。

4. アラーム音
本項目にてアラーム(警告音)のOn/Offの選択、設定が可能ですが、警告音は有効な装置の状態把握の手段であり、Onのまま運用いただくことを推奨致します。
これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?