テクニカルFAQ

質問

Smart-UPS XL 拡張バッテリパック増設時の設定方法

mart-UPS XLシリーズにて拡張バッテリパックを増設した後、その個数をUPSに反映するための設定方法の説明です。

【対象機種】

Smart-UPS XL 3000 RM 3U 100V 型番: SUA3000RMXLJ3U
Smart-UPS XL 3000 RM 3U 200V 型番: SUA3000RMXLA3U
Smart-UPS XL 500  型番: SUA500XLJ
の拡張バッテリを増設した際の説明です。



設定方法には

があり、いずれかの方法にて増設いただきました拡張バッテリの個数を設定、反映ください。

既にNetwork Management CardもしくはPowerChute Business Editionをご利用いただいている場合には、これらよりGUIによる設定が可能なことからシリアルケーブルのターミナル接続と比較し容易に設定可能です。


【設定する際に入力する数値について】
設定する個数は追加する拡張バッテリパック1台あたり1とカウントして合計値を入力します(本体はカウントしません)。
構成
入力するバッテリ個数
Smart-UPS XL 本体のみ
0
Smart-UPS XL 本体×1台 + 拡張バッテリパック ×1台
1
Smart-UPS XL 本体×1台 + 拡張バッテリパック ×2台
2


注意:入力する数値は拡張バッテリパックの"台数"であり、バッテリモジュールの本数ではございません。

例:
        
        
SUA3000RMXLJ3U (UPS本体)
+ 拡張バッテリパック ×1台  → " 1 "
SUA3000RMXLJ3U (UPS本体)
+ 拡張バッテリパック ×2台  → " 2 "
SUA500XLJ (UPS本体)
+ 拡張バッテリパック ×1台  → " 1 "

■設定方法 (3種類)

【付属ケーブルを用いてUPS本体から変更を行う場合】
コンピュータよりターミナルモードを使用して拡張バッテリパック数を設定します。
ターミナルモードとは、UPS の詳細設定が可能なキャラクタベースのメニュー選択方式のインターフェイスです。

1. UPSとコンピュータのComポートを付属のケーブルで結線してください。

2. コンピュータのターミナルプログラムを開きます。 (例: Windowsのハイパーターミナル等 )
 
ポートの設定は以下の通りです。
# ビット秒 - 2400
# データビット - 8
# パリティ - なし
# ストップビット - 1
# フロー制御  - なし
Network Management Cardの装着の有無で表示が変わります。
※Network Management Card 2 (AP9630, AP9631)の場合はこの項目による設定は出来ません。 WebアクセスもしくはNetwork Management Cardを抜いて設定してください。
 
3.以降ではNetwork Management Cardの有無で分け、記述します。

----------------------------------

[ A. Network Management Cardを装着していない場合の設定 ]
空白のターミナルウィンドウが開いたら、次の手順に従って拡張バッテリパックの数を変更します。
※ 文字キーコマンドは大文字と小文字が区別されます。文字キーコマンドを使用する場合は、大文字を使用してください。

A1. " Y "を入力することにより" SM "がコマンド画面に表示されUPSと通信できている事を確認します。

A2. " > "キーを入力することにより現在の拡張バッテリパック数が表示されます。

A3." + " または " - " キーを入力することにより、拡張バッテリパック数を変更します。
    変更されますと" OK "と表示されます。

A4. " R "を入力すると、" BYE "表示され設定画面が終了します。

 

SM         ・・・ "Y" を入力          (UPSとの通信確認)                                  
000        ・・・ ">"  キーを入力   (拡張バッテリ個数表示)
OK         ・・・ "+"  を入力        (拡張バッテリを1個追加)
001        ・・・ ">"  キーを入力   (拡張バッテリ個数表示)
BYE        ・・・ "R"  を入力する     (設定終了)
 
例は拡張バッテリ 0 から 1 に変更する場合の表示

* 2-Port Interface Expander Card (AP9607)をSmart-Slotに挿入されている場合には本メニュー画面は表示されません。
 この場合については下記のPowerChute Business Editionにて設定もしくは2-Port Interface Expander Card (AP9607)を取り外した状態にて設定ください。

---------------------------------------


[ B. Network Management Card EX/EMを装着している場合の設定 ]

B1. Enter を入力し、メニュー画面を表示します。
 
American Power Conversion Network Management Card AOS v3.7.3                      
(c) Copyright 2009 All Rights Reserved Smart-UPS & Matrix-UPS APP v3.7.2
-------------------------------------------------------------------------------
Name : Unknown Date : 01/01/2000
Contact : Unknown Time : 00:02:23
Location : Unknown User : Administrator
Up Time : 0 Days 0 Hours 1 Minute Stat : P+ N+ A+

Smart-UPS 3000 RM XL named UPS_IDEN : On Line, No Alarms Present

------- Control Console -------------------------------------------------------

1- Device Manager
2- Network
3- System
4- Logout

<ESC>- Main Menu, <ENTER>- Refresh, <CTRL-L>- Event Log
> 1

B2. Control Consoleのメニューより "1- Device Manager" を選択します。
1 [Enter]

B3. Device Managerのメニューより "1- UPS名"(例はSmart-UPS 3000 RM XL)を選択します。
1 [Enter]
 
B4. Device設定メニューより "3- Configuration" を選択します。
3 [Enter]
 
B5. Configuration設定メニューより "1- Battery" を選択します。
1 [Enter]
 
B6. Battery設定メニューより "2- External Batteries" を選択します。
2 [Enter]
 

Enter the number of external batteries connected to this UPS.                               

External Batteries : 002
 

B7. 拡張バッテリの任意の個数を入力します。
00x [Enter] (xは適切な数値、 例は000から002に変更する場合の表示)
 
------- Battery -------------------------------------------------------------                   

Battery Date : 12/31/05 External Batteries : 001

1- Battery Date : 12/31/05
2- External Batteries:002
3- Accept Changes :Pending

?- Help, <ESC>- Cancel Changes, <ENTER>- Refresh, <CTRL-L>- Event Log
> 3

B8. 表示されたBattery設定メニューにてB7で設定した数値が"2- External Batteries"の項目で反映されていることを確認してください。
正しい数値であれば設定を反映するために "3- Accept Changes" を選択します。
(数値が間違っている場合はB5の手順に戻って設定してください。)
3 [Enter]
 
Attempting to issue command, please wait...                                                       

------- Battery -------------------------------------------------------------

Battery Date : 12/31/05 External Batteries : 002

1- Battery Date : 12/31/05
2- External Batteries: 002
3- Accept Changes : Success

?- Help, <ESC>- Back, <ENTER>- Refresh, <CTRL-L>- Event Log
>

B9. "3- Accept Changes" にてSuccessが表示され、"2- External Batteries"が設定したい数値となっていれば設定完了です。


 

【PowerChute Business Editionから変更を行う場合】

PowerChute Business Editionにて制御する場合ソフトウェア上での変更が可能です
PowerChute Business Editionコンソールを立ち上げてください。
[デバイスのプロパティ] → [全般] → [バッテリステータス]を選択して表示される、"バッテリパック数" にて任意の数を設定してください。
※変更後には必ず適用をクリックしてください。

 


【Network Management CardにWebアクセスをして設定する場合】

Network Management Cardにブラウザ経由にてアクセスをします。

[ UPS ]タブを選択し、 [Configuration] - [general] を選択してください。
表示される設定画面の "External Batteries" に対し、任意の数値を入力してください。
入力後、Applyボタンを押し設定を反映し、右上のLog Offをクリックし終了です。

(*) Network Management Cardのファームウェアバージョンがv2.xの場合には
[UPS名] - [Configuration] にて "External Batteries"の項目が表示されます。 こちらに任意の数値を入力してください。
入力後、Applyボタンを押し設定を反映し、Logoutしてください。
 

【注意】
拡張バッテリパックを装着したうえで、その個数を反映しない場合には
1. バックアップ時間が正しく表示(認識)されません。
2. バックアップ時間が正しく認識されないことによりバッテリ運転時にバッテリ容量があるにもかかわらず、ローバッテリ状態によりシャットダウンプロセスが走る場合があります。
 
これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?