テクニカルFAQ

質問

PowerChute Network Shutdown v2.2.3/v2.2.4をVMware ESXi上のvMA(VIMA)に自動インストールする際の制限事項

PowerChute Network Shutdown v2.2.3/v2.2.4をVMware ESXi上のvMA(VIMA)に自動インストールする際の制限事項について説明しています。

インストールガイドの「自動インストール及び設定」-「ESXi および ESX 上での自動インストール」には下記の記述があり、vMA(VIMA)上にPowerChute Network Shoutdownをインストールすることができますが、自動インストールを行った場合はvMAにESXiがターゲットホストとして登録されていません。

-----[「自動インストール及び設定」-[ESXi および ESX 上での自動インストール] -----
下記のコマンドを実行して、インストールを開始します。
VIMA の場合
sudo ./install.sh -f silentInstall.sample

3.下記のコマンドを実行します。
VIMA の場合
sudo ./PCNSConfig.sh -f silentConfig.sample

---------------------------------------------------------------------------------

そのため、自動インストールを行った場合は下記の手順に従い、vMA(VIMA)へターゲットとなるESXiホストを登録して下さい。

1. vMA に「vi-admin」アカウントでログインします。
2. コンソールから次のコマンドを入力し、ESXiホストをvMA のターゲットホストとして登録します。
# vifp addserver <ESXi ホスト名 or ESXi IP アドレス>
ESXiホストのrootパスワードの入力を要求されます。
3. ESXiホストがターゲットホストに追加されたことを確認します。
# vifp listservers

これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?