テクニカルFAQ

質問

PowerChute Network Shutdown v2.2.3/v2.2.4をVMware ESXi 4.1/4 update 2以降で使用する際の制限事項・注意事項

* PowerChute Network Shutdown v2.2.3 ならびに v2.2.4 はサポートを終了いたしました

ここではPowerChute Network Shutdown v2.2.3/v2.2.4 を VMware ESXi 4.1、ESXi 4 update 2以降のバージョンで使用する際の制限事項、注意事項について記述しています。
PowerChute Network Shutdown v2.2.3/v2.2.4 を VMware ESXi で使用する際は、VIMA上でインストールを実行しますが、VMware ESXi 4.1 (update含む)および4 update 2およびそれ以降のバージョンで使用する場合、以下の手順に従ってください。

1. こちらのダウンロードサイトから修正スクリプトファイルをダウンロードし、任意の一時ディレクトリに保存します。そのディレクトリに移動し、以下のコマンドを実行してファイルを展開します。
ファイル名: v2.2.3の場合 PCNS223_VIMA41.tar.gz、v2.2.4の場合 PCNS224_VIMA41.tar.gz

ファイルの展開方法 (v2.2.3の場合はファイル名を変更して実行してください。)
gunzip PCNS224_VIMA41.tar.gz
tar -xf PCNS224_VIMA41.tar

2. VMware ESXi用PowerChute Network Shutdown のインストールファイルに含まれる install.shスクリプトファイルを、Step 1.でダウンロードしたファイルに含まれるinstall_jp.shと置き換えます。

3. インストールファイルを保存したディレクトリに移動し、 'sudo ./install_jp.sh' を実行してインストールを行います。

4. インストールが完了したら、Step 1.の一時ディレクトリに移動し、以下のコマンドを実行して既存のshutdown および uninstallのスクリプトを置き換えます。
    ここで、PowerChute Network Shutdownのインストール先ディレクトリは/opt/APCとします。
 
sudo cp shutdown /opt/APC/PowerChute/group1/bin/shutdown
sudo cp uninstall /opt/APC/PowerChute/uninstall

※ VMware ESX 4.0および、他のバージョンのVMware ESX/ESXiにはこの手順を行う必要はありません。サポート対象OSについては こちらのページをご覧ください。
これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?