テクニカルFAQ

質問

APC RS 400/ 550/ 1000/ Pro1200 / XL500のLCDパネルのバックライト(常時点灯・節電モード)の設定変更方法

BR400G-JP, BR550G-JP, BR1000G-JP, BR1200G-JP, BR1200GL-JPのLCDパネルのバックライト(常時点灯・節電モード)の設定変更方法

APC RS 400(BR400G-JP), APC RS 550(BR550G-JP), APC RS 1000(BR1000G-JP), APC RS Pro 1200(BR1200G-JP), APC RS XL 500 (BR1200GL-JP)の本体 LCDパネルの表示は
バックライトを常時点灯・節電モードのいずれかに設定が可能です。
以下の操作にてモードを変更することが可能です。

【変更方法】

1. 本装置が電源がオンの状態で操作します、電源ボタンが点灯していることを確認してください。

2. "メニュー"ボタン を押し続けます。 およそ2秒で、本体のアラーム音が"ピッ"と鳴ります。
   メニューボタン (本体前面上部)

3. 上記1.〜2の操作を繰り返すことで、LCD表示が”消灯”、”点灯”と切り替わります。

  消灯:節電モード、点灯:常時点灯モード となります。設定したい状態にて手を離してください。設定内容が記録されます。
 

消灯(節電モード)
text
点灯(常時点灯モード)
 
尚、節電モードに設定した場合に画面を確認したい際には、メニューボタンをクリックすることでLCDパネルは点灯し表示されます。
操作後の無操作状態が約1分経過するとパネルは消灯します。

 
これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?