テクニカルFAQ

質問

PowerChute Business Edition for Winodwsのエージェントインストール手順

PowerChute Business Edition for Windows v7以降のエージェントの\インストール手順の説明です。

 

はじめに:
PowerChute Business Editionをインストールするにあたり、UPSとサーバとをシリアルケーブルで接続いたします。

プロダクトライセンスシートを用意、ユーザ保証登録ページにログインし、入手したファイルをコンピュータの任意のローカルディレクトリにコピーします。

ファイル:

   
v9.1.1

v9.0.1以前
Webページから、インストーラをダウンロード頂き、"launch.exe" を実行します  
*v9.0.1以前は "pcbesetup.exe" を実行します。

インストール:
 
1. インストール開始画面

 
製品のインストール画面にて[エージェント]欄[Install]を選択します。
2. エージェントのインストールウィザード開始画面

 
エージェントのインストールウィザードが起動したら[次へ>]を選択します。
3. ソフトウェア使用許諾契約書

 
ソフトウェアの使用許諾となります。
内容を確認のうえ、承諾の場合 "はい" をクリックし次に進んでください。
4. インストール先指定

 
インストール先を指定してください。
デフォルトは C:\Program Files\APC\PowerChute Business Edition になります。
5. インストールタイプの選択
  
通信ポートの自動検出を実施もしくは手動での設定を選択してください。
"はい" : 通信ポートの自動検出
"いいえ" : 通信ポートUPSの手動設定

※UPSのアドバンスポートに接続頂いた場合は通常"はい"を選択してください。
※UPS本体を SU500J をご利用している場合と、手動での設定を希望される場合に
  "いいえ"を選択し下記の通り設定ください。
   UPSタイプ : Smart-UPS
   通信ポート : コンピュータのシリアルケーブルを接続しているポート番号
6.ユーザ名、パスワードの設定

 
任意のユーザ名、パスワードを入力してください。
入力完了しましたら、"次へ"を選択します。

使用できない文字:
「スペース(空白)」、「*(アスタリスク)」、「:(コロン)」、「”(ダブルクォーテーション)」

※PowerChute Business Edition サーバをインストールの際にも本ユーザ名、パスワードは
  必要となりますので、メモにお控え下さい。
※ユーザ名、パスワード共に 3文字以上 16文字以内となります。
7.ファイルインストール

 
ファイルのインストールを行っています。
そのままお待ちください。
8. インストール完了
インストール完了です。
"完了" をクリック、インストールを終了してください。
これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?