テクニカルFAQ

質問

PowerChute Network Shutdown v2.2.3 for Linux, VMware, UNIXのインストール方法

PowerChute Network Shutdown v2.2.3 for Linux, VMware, UNIXのインストールの説明です。

 

PowerChute Network Shutdown for Linux、VMware、UNIX へのインストールについては
v2.2.3よりインストールはシェルを実行し、キャラクターによるCGIでのインストールとなっております。

以下のような手順にてPowerChute Network Shutdownのファイルの展開を行い、設定、使用を開始ください。

【手順】
1. ダウンロードしたファイルの展開
2. install.shを実行しPowerChute Network Shutdownのインストール
3. インストールディレクトリに生成されたPCNSConfig.shを実行し、UPSの指定、PowerChute Network Shutdownの使用開始      

以下のインストール例はSolarisにて/tmp/pcns233で作成したディレクトリにてファイルを展開、インストールを行う場合となります。
太文字(黒)がインストール時の設定項目、 がインストールで設定事項、コマンド等、入力する文字となります。



1. ダウンロードしたファイルの展開
Linux、VMware、UNIX へのインストールについては以下の手順に従って下さい。
APCのWebサイトにて入手したファイル pcns223_OS name.tar.gz (たとえば、pcns223linux[1].tar.gz, pcns223hpux[1].tar.gzなど) ファイルを、サーバのテンポラリディレクトリにコピーします。

作業ディレクトリをテンポラリディレクトリに変更し、次のコマンドで解凍、展開します。
# cd /tmp/pcns223
# ls
pcns223sol[1].tar.gz

# gunzip pcns223sol[1].tar.gz (左記のファイルはSolaris版の例です)        
# tar -xf pcns223sol[1].tar



2. install.shの実行
 

# pwd
/tmp/pcns223

# ls
Solaris pcns223_solaris.tar
(1.で生成されたディレクトリに移動します)

# cd ./Solaris
# ls
install.sh jre150_13_solaris.tar.gz relnotes.htm
install.htm pcns223.tar.gz silentInstall.sample

# ./install.sh(インストーラーを実行してください)
------------------------------------------------------------------
PowerChute Network Shutdown v.2.2.3 Installation Script
Copyright American Power Conversion Corporation. 2007
------------------------------------------------------------------

OS=Solaris

Initializing ...

Please enter the PCNS instance number [1|2|3] or press enter to use default value of 1:
1(インスタンスを決定します、通常は "1" を選択ください)
1 PCNS instance(s) will be installed.

Please enter the installation directory or press enter to install to the default directory (/opt/APC/PowerChute):
[enterキー](インストール先のディレクトリの決定です。デフォルトディレクトリへのインストールの場合、"enterキーを入力" ください)

Are you sure you want to install PCNS to /opt/APC/PowerChute [Yes|No]?
yes(インストールディレクトリの再確認です、"yes" を入力ください)

PCNS will be installed to /opt/APC/PowerChute
Copying the installation files ...
Extracting PCNS files ...
PCNS is extracted to /opt/APC/PowerChute


Please enter java directory if you want to use your system java (example:/usr/local/bin/jre/jre150_13) or press enter to install the bundled Java:
[enterキー]  
Copying jre to /opt/APC/PowerChute/jre ...
Extracting jre to /opt/APC/PowerChute/jre ...

java version "1.5.0_13"
Java(TM) 2 Runtime Environment, Standard Edition (build 1.5.0_13-b05)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 1.5.0_13-b05, mixed mode, sharing)

JAVA_DIR=/opt/APC/PowerChute/jre/jre150_13

Configuring startup files ...
Startup script=/etc/rc2.d/S99PowerChute
Configuring uninstall script ...

Completed.
Please run the PCNSConfig.sh script located within the PCNS installation directory to complete the installation.
(使用するjavaの指定です。Linux, VMware, Solarisについてはソフトウェアデフォルトのjavaを使用する場合には "enterキーを入力"、
システムにインストールされたjavaを使用してPowerChute Network Shutdownを動作させる場合には使用するJREのディレクトリを入力ください)
 
以上で、PowerChute Network Shutdownのファイルの展開が終了です。
次にインストールディレクトリに移動し、PowerChute Network Shutdownの設定を行うためにPCNSConfig.shを実行してください。



3. PCNSConfig.sh の実行

PowerChute Network Shutdownのインストール先ディレクトリに移動してください。
デフォルトは /opt/APC/PowerChute となります。

ここで、PCNSConfig.sh を実行しインストールされたサーバのPowerChute Network Shutdownに対し、通信を行うUPSのNetwork Management Cardの情報の登録を行ってください。
 
# cd /opt/APC/PowerChute
# ls
group1 jre uninstall 
("PCNSConfig.sh"は/opt/APC/PowerChute/(選択したインスタンス番号)の配下にあります。
通常はgroup1のディレクトリ内にあります。)

# cd ./group1
# ls
bin m11.cfg
comp powerchute.sh
PCNSConfig.sh comps.m11 psaggregator.m11 
apclicense.txt java.cfg shutdownerlets.m11
apclicense.txt.ja_EUC keystore silentConfig.sample
apclicense.txt.ja_UTF8 lib

# ./PCNSConfig.sh (設定ファイルの実行)
--------------------------------------------------
PowerChute Network Shutdown Configuration Utility
--------------------------------------------------

Press Ctrl + C at anytime to abort.

[1]: 10.xxx.xxx.xxx
[2]: 172.18.xxx.xxx

Please select the local host IP address to register [ 1 - 2 ]: x
[ 注: こちらはPowerChute Network Shutdownがインストールされたサーバに複数枚のNICが存在する場合に表示されます。]
(PowerChute Network Shutdownと通信を行うサーバ側のNICのIPアドレスを指定してください)

Please enter the subnet mask of the local host IP address to register or just press enter key to use default subnet mask [255.255.255.0]:xxx.xxx.xxx.xxx
(PowerChute Network Shutdownと通信を行うサーバ側のNICに指定してあるサブネットマスクを入力ください)

[注: こちらでサブネットがNetwork Management Card と一致しない場合、インストール後にPowerChute Network ShutdownとNetwork Management Cardの通信が確立しないことになりますのでご注意ください]

Configuring PowerChute Network Shutdown ...

[1]: Configure for a single APC UPS device
[2]: Configure for a parallel APC Silcon UPS/Smart-UPS VT system
[3]: Configure for multiple APC Smart-UPS devices
[4]: Configure for multiple APC Symmetra devices

Please select the appropriate configuration type (1) [ 1 - 4 ]: 1
(UPSの構成を選択:
1台のUPSで構成する場合は "1" のsingle APC UPSを選択、電源冗長構成の場合にはUPSの機種にあわせ "3"もしくは"4"を選択ください)

[以下、通信をするNetwork Management Card 情報を入力]
Management Card IP:xxx.xxx.xxx.xxx (UPSに装着しているNetwork Management Cardの"IPアドレス"を指定)
Management Card Port # (80): 80 (Network ManagementCardの通信ポート番号、デフォルトは"80")
Administrator User Name: apc (Network Management Cardのadministratorユーザ、デフォルトは"apc")
Administrator Password: *** (administrator userのパスワード入力、デフォルトは"apc")
Authentication Phrase: ************* (認証フレーズの入力、デフォルトは"admin user phrase")

Setting Summary:

Management Card IP:xxx.xxx.xxx.xxx
Management Card Port #: 80
Administrator User Name: apc
Administrator Password: [ MASKED ]
Authentication Phrase: [ MASKED ]

Do you wish to register these settings [ Yes | No | Abort ]? yes (入力内容が正しいことを確認し"yes"を入力)

Registering PowerChute Network Shutdown with the management card ...
PowerChute Network Shutdown registration completed successfully.
(Network Management Cardと通信がとれ、設定が反映されるとregistration completed successfullyとなります)

Do you wish to start the PowerChute Network Shutdown service [ Yes | No ]? yes (PowerChute Network Shutdownのデーモンの開始のため"yes"を入力)
PowerChute Network Shutdown service started.

Configuration completed.

#


4. PowerChute Network Shutdownのインターフェースの起動
Webブラウザを起動し、URLに次のどちらかのアドレスを入力してアクセスしてください。
https://servername:6547
https://serverIPaddress:6547
https://"コンピュータ名" もしくは "IPアドレス" :(コロン)ポート番号[6547]
となり、自機で確認の場合、localostアドレスの127.0.0.1を入力することでも 通常であれば表示可能です。


尚、PowerChute Network Shutdown v2.2.3 for Linux, VMware, UNIXのインストール方法のアンインストール方法は以下のとおりです

・対話モード(確認事項表示)でアンインストール するには、PowerChute ディレクトリにあるアンインストールスクリプトを実行します。たとえば、次のコマンドを入力します。
/opt/APC/PowerChute/uninstall

・非対話 (サイレント) モードでアンインストールするには、PowerChute ディレクトリにあるアンインストールスクリプトの 「q」 オプションを使用します。たとえば、次のコマンドを入力します。
/opt/APC/PowerChute/uninstall -q
これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?