テクニカルFAQ

質問

Network Management Card EX/EM(AP9617, AP9619)の付属シリアルケーブルによるIPアドレス設定方法

Network Management Card EX (AP9617) / EM (AP9619) 付属シリアルケーブルを使用した固定(静的)IPアドレス設定、設定内容確認の方法についての説明です。

Network Management Card EX (AP9617) / EM (AP9619)については出荷時には DHCP & BOOTPによる自動割付に設定されております。
カード自体に出荷時には、特定のIPアドレスは振られておりません。
ご使用されるにあたり、固定(静的)IPアドレスを割り振ってご使用される場合には、製品に対して設定が必要となります。

以下、付属シリアルケーブルを使用して、Windowsのハイパーターミナル等を用いての固定(静的)IPアドレスの設定方法の説明となります。
また、Network Management Cardに対して割り振ったIPアドレスが不明である場合や、ネットワーク上からアクセスが出来ない場合などにも同様の手順にて、Network Management Cardの状態を把握することが可能です。


■設定方法
1. UPSとコンピュータのComポートを付属のケーブルで結線してください。
UPSに組み込んだNetwork Management Cardが通電されていること(Status LEDが点灯、点滅していること)を確認下さい。

2. コンピュータのターミナルプログラムを開きます。 (例: Windowsのハイパーターミナル等 )

 

ポートの設定は以下の通りです。

# ビット秒 - 2400
# データビット - 8
# パリティ  - なし
# ストップビット - 1
# フロー制御  - なし

3. Enter を入力したうえで、表示されるUser名、パスワードを入力します。
User Name : apc
Password : ***
デフォルトは User Name : apc、Password : apc いずれも小文字で" apc "となります。

上記で認証されるとメニュー画面が表示されます。以下の手順にてIPアドレスのマニュアル設定を行ってください。

4. Control Consoleのメニューより "2- Network" を選択します。
2 [Enter]
American Power Conversion Network Management Card AOS v2.6.4
(c) Copyright 2004 All Rights Reserved Smart-UPS & Matrix-UPS APP v2.6.1
-------------------------------------------------------------------------------
Name : Unknown Date : 01/01/2007
Contact : Unknown Time : 00:00:00
Location : Unknown User : Administrator
Up Time : 0 Days 0 Hours 0 Minutes Stat : P+ N? A+
Environment : Thresholds Disabled, Contact Alarms Disabled, Relay Disabled
Smart-UPS 3000 RM named xxx : On Line, No Alarms Present
------- Control Console -------------------------------------------------------

1- Device Manager
2- Network
3- System
4- Logout

<ESC>- Main Menu, <ENTER>- Refresh, <CTRL-L>- Event Log
> 2

5. Networkのメニューより "1- TCP/IP"を選択します。
1 [Enter]
------- Network ---------------------------------------------------------------
1- TCP/IP
2- DNS
3- Ping Utility
4- FTP Server
5- Telnet/SSH
6- Web/SSL/TLS
7- WAP
8- SNMP
9- Email
10- Syslog
11- Paging

<ESC>- Back, <ENTER>- Refresh, <CTRL-L>- Event Log
> 1

6. デフォルトでは DHCP & BOOTPによる自動割付に設定されています。
手動にてIPアドレスを設定する場合には
TCP/IPのメニューより "1- Boot Mode" を選択します。
1 [Enter]
------- TCP/IP ----------------------------------------------------------------
Network not started. Currently making a BOOTP request...
-----------------------------------------------------------------------
MAC Address : 00 C0 B7 00 00 00
1- Boot Mode : DHCP & BOOTP
2- Advanced...
<ESC>- Back, <ENTER>- Refresh, <CTRL-L>- Event Log
> 1

7.Boot Modeメニューより "4- Manual" を選択します。
4 [Enter]
------- Boot Mode -------------------------------------------------------------

1- DHCP & BOOTP
2- DHCP only
3- BOOTP only
4- Manual

<ESC>- Back, <ENTER>- Refresh
> 4
マニュアル設定用メニューに表示が切り替わります。

8.TCP/IPメニューより "1- System IP " を選択します。
任意のIPアドレス(例: 192.168.0.10) [Enter]

9.TCP/IPメニューより "2- Subnet Mask" を選択します。
任意のサブネットマスク(例: 255.255.255.0) [Enter]

10.TCP/IPメニューより "3- Default Gateway" を選択します。
任意のゲートウェイアドレス[*1] (例: 192.168.0.1) [Enter]

[*1]:Network Management Cardではウォッチドッグ機能としてデフォルトゲートウェイで設定されたIPに対し、ネットワーク状態を監視します。ウォッチドッグ機能を有効に機能させるためにデフォルトゲートウェイが存在しないネットワークの場合には自身以外の実在するIPアドレスのマシンもしくは他のNetwork Management Cardのアドレスを設定してください。
ここまでの設定を終えたら以下に従い設定をカード上に反映してください。


11. TCP/IPメニューより " 5- Advanced..." を選択します。
5 [Enter]
------- TCP/IP ----------------------------------------------------------------
Network not started. Currently making a BOOTP request...
-----------------------------------------------------------------------
MAC Address : 00 C0 B7 00 00 00
* Changes will take effect on logout.
1- System IP : 0.0.0.0
2- Subnet Mask : 0.0.0.0
3- Default Gateway: 0.0.0.0
4- Boot Mode : Manual
5- Advanced...
<ESC>- Back, <ENTER>- Refresh, <CTRL-L>- Event Log
> 5

12. Advanced...メニューより "4- Accept Changes" を選択します。
4 [Enter]
------- Advanced... -----------------------------------------------------------

Currently operating at 100 Full-Duplex.

1- Host Name : APC
2- Domain Name : somedomain.com
3- Port Speed : Auto-negotiation
4- Accept Changes: Success

<ESC>- Back, <ENTER>- Refresh, <CTRL-L>- Event Log
> 4
入力後に4- Accept Changes" の項目がSuccessとして表示されたことを確認してください。

こちらが確認されましたらログアウトをすることでカードがリブートされ、設定されたIPアドレスにてNetwork Management Cardが起動、アクセス可能となります。
注意: ログアウトを行うことが必要です。この画面でハイパーターミナルを閉じてしまぬよう注意ください。

13. <ESC>を3回押して上記 項目4のControl Console画面(初期メニュー画面)に戻り、ログアウトをしてください。
  • ESC [3回入力]
Control Console画面にて" 4- Logout" を選択します。
  • 4 [Enter]

14. 設定終了です。リブート後はWebブラウザ等でネットワーク経由でのログイン可能です。ログインが出来ない場合には項目1〜7に従い、設定したIPアドレスが反映されているか確認を行ってください。
これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?