テクニカルFAQ

質問

Network Management CardのAPC Device IP Configration Wizardを使用したIPアドレス設定方法

Network Management Card (AP9617, AP9619)、Network Management Card 2 (AP9630, AP9631)で同梱CD収録のAPC Device IP Configration Wizardを使用した初回導入時のIPアドレス設定方法の説明です。

 

Network Management Card (AP9617, AP9619)、Network Management Card 2 (AP9630, AP9631)については出荷時にIPアドレスの設定はなされておりません。
ご使用されるにあたり、製品に対してIPアドレスの設定が必要となります。

DHCPによる割り振りを行わず、手動にてIPアドレスを設定するにあたり、付属CDに収録されている "APC Device IP Configration Wizard " を使用した際のIP設定方法について以下に記載します。

あらかじめ以下についてご注意下さい
・UPSに組み込んだNetwork Management Cardが通電されていること(Status LEDが点灯、点滅していること)を確認下さい。

・下記の手順2項についてはネットワークに接続していることが前提となります。またネットワーク経由でBOOTPプロトコルを使用したIPの割り付け方法となります。
BOOTPが機能しないネットワークではNetwork Management Cardを検出出来ません。その場合には手順3項の付属のシリアルケーブルを使用し設定を行ってください。

・複数台の未設定のNetwork Management Cardがある場合、あらかじめMACアドレスをお控えください。検出結果はMACアドレスで表示されます。

・APC Device IP Configration WizardについてはWindows用のexeファイルとなります。使用にあたってはWindowsにて実行ください。

最新版のAPC Device IP Configration Wizard はダウンロードサイトからダウンロードできます。こちらのダウンロードページをご確認ください。
 




APC Device IP Configration WizardによるIP設定方法

1. メニューよりファイルを選択、実行

1-1. CDをWindowsマシンにセットいただくとautorunによりhtml形式のメニュー画面が表示されます。(*1)

(*1) : autorunが無効になっている場合、上記メニューは表示されません。
 CD直下に収録されているautoplay.exeを実行いただき、メニューを表示するか、CD内にある [DeviceIP]フォルダ - APC Device IP Configuration Wizard.exeを実行し、直接Wizardを起動してください。Device IP Configration Wizardをダウンロードした場合も同様です。

1-2.一番上に表示されている " Device IP Configration Wizard "をクリックしてください。

1-3. " Install the Wizard " のリンクをクリックいただきますとファイルの保存もしくは実行の選択画面が表示されますので実行を選択、クリックすることでファイルが解凍、実行されます。



以下 、
2項は "ネットワークを経由した設定方法"
3項は "付属ケーブルを使用したシリアルポートを使用した設定方法"
のご案内となります。いずれかを選択のうえ、その項目に従い、設定を開始してください。
 


2. APC Device IP Configration Wizardによるネットワークを経由したIPアドレス設定手順

1で実行をすることでWizard画面が起動します。
Network Management Cardをネットワークに接続され起動した状態において以下の手順位よってIP未設定の状態にあるNetwork Management CardにIPアドレスを設定することが可能です。

注意: Windows ファイアウォール等有効になっている場合、Network Management Card を検出できない場合があります。この場合、例外とするか、3のシリアルケーブルによる通信にて設定してください。
DHCPが有効なネットワーク環境では本Wizardはご使用できません。この場合、シリアルケーブルを使用しての設定を行ってください。

2-1. Wizardの画面が立ち上がります。 [Next]をクリックしてください。

2-2. Remotely(ネットワークを経由した設定方法)とLocally(シリアルポート経由)の選択画面の表示です。
   Remotelyを選択し、 [Next]をクリックしてください。 検出を開始します。


2-3. 未設定の状態のNetwork Management Card を検出すると上記のウィンドが立ち上がります。
Network Management Cardに割り付けるIPアドレス、 サブネットマスクならびにデフォルトゲートウェイ(*2)を設定下さい。
   
(*2):Network Management Cardではウォッチドッグ機能としてデフォルトゲートウェイで設定されたIPに対し、ネットワーク状態を監視します。ウォッチドッグ機能を有効に機能させるためにデフォルトゲートウェイが存在しないネットワークの場合には自身以外の実在するIPアドレスのマシンもしくは他のNetwork Management Cardのアドレスを設定してください。
  •    

2-4. 設定が終了すると表示されます。 [OK]を押しWizard終了です。
次回、設定したWebブラウザよりIPアドレスにアクセスをしユーザ名、パスワードでログインしてください。
 


3. APC Device IP Configration Wizardによるシリアルケーブルを使用したIPアドレス設定手順

あらかじめNetwork Management Card 付属のシリアルケーブル(色:黒)をコンピュータのシリアルポートに接続してください。もう一端はNetwork Management Card (AP9617, AP9619)の場合はUPS背面のシリアルポートに、Network Management Card 2 (AP9630, AP9631)の場合はNetwork Management Cardフロントパネルのコンソールポートに接続してください。
前述1項で実行をすることでWizard画面が起動します。

3-1. Wizardの画面が立ち上がります。 [Next]をクリックしてください。

3-2. Remotely(ネットワークを経由した設定方法)とLocally(シリアルポート経由)の選択画面の表示です。
  Locallyを選択し、 [Next]をクリックしてください。 検出を開始します。
3-3. Network Management Cardに割り付けるIPアドレス、 サブネットマスクならびにデフォルトゲートウェイ(*2)を設定のうえ [Next]をクリックしてください。

3-4. コンピュータとAPC製品をシリアルケーブルにて結線してください。またコンピュータ上のシリアルポートを使用しているサービスがある場合には停止してください。準備が整いましたら、 [Finish] をクリックしてください。

3-5. 検出中、設定中の状態を表示しています

3-6. 設定が終了すると表示されます。 [OK]を押しWizard終了です。

次回、設定したWebブラウザよりIPアドレスにアクセスをしユーザ名、パスワードでログインしてください。
これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?