テクニカルFAQ

質問

PowerChute Business Editionをネットワークに接続しないスタンドアロン環境で使用する際の条件

PowerChute Business Editionをネットワークに接続しないスタンドアロン環境で使用する際の条件について述べています

 

PowerChute Business Editionはエージェント、サーバ、コンソールの3つのコンポーネントから構成されています。
これらコンポーネント間をTCP/IPを通じて動作することからをネットワークに参加しないスタンドアロン環境で使用する際には条件があり、
以下を確認ください。


1. Linux、Solarisはエージェントのみの対応となり、サーバ、コンソールは非対応となります。

その為、スタンドアロン環境で使用する場合、PowerChute Business EditionがサポートしているWindowsマシンでの使用に限られます。
Linux、Solarisでご使用される場合にはWindowsマシンのコンソールから設定してご使用ください。

[参考]:PowerChute Business Edition for Linux/Solarisの「エージェントのみ対応」の意味 Document ID: 040816093042TO

2. PowerChute Business Editionのサーバ、エージェント、コンソールをインストールするWindowsマシンにはネットワークカードが装着されており、且つネットワークの設定が有効となっている必要があります。

PowerChute Business Editionを使用する際はネットワークカードの装着は必須となります。

3. PowerChute Business Editionのサーバをインストール時にDNSの設定が行われていない場合(ホスト名の名前解決が行われていない場合)は、
インストールが先に進みません。その為、事前にWindowsマシンのhostsファイルのローカルホストの行にマシン名を追記(名前解決)してください。

例) 127.0.0.1  machine名  localhosts

これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?