テクニカルFAQ

質問

PowerChute Business Edition v8.0.1をWindows Server 2003で使用する場合の注意事項・制限事項

ここでは、PowerChute Business Editionを Windows Server 2003 [ R2を含む ] Enterprise Edition, Standard Edition, Enterprise x64 Edition, および Standard x64 Edition で使用する際の注意事項・制限事項について記述しています。

1. Windows 2003 Server x64 Editionに関してはシリアル接続のみのサポートとなります。
USB接続はサポート外となりますので、ご注意ください。(*1)

2. 初回インストール時の警告メッセージ
PowerChute Business Editionインストール時に下記のメッセージが表示されます。
これはPowerChute Business Editionの署名が64BitOSに対応していないため発生します。
マイクロソフト社によりこのメッセージは製品動作に影響を及ぼすものではないことが確認されておりますので、「続行」を押して次へ進んでください。(*1)



3. コンソールのヘルプメニューにあるOSのバージョン番号は"Windows 2003 5.2(x86)"と表示されます。
また、Windows Server 2003 の表記には x64 が表示されません。(*1)

4. コンソールのヘルプメニューにある Windows Server 2003 の表記には R2 が表示されません。(*2)

5. 製品のアンインストール後、下記のパス(デフォルトインストールの場合)が残る場合がありますが、これは必要に応じて手動で削除してください。(*1)
対象ディレクトリ : C:\Program Files (x86)\jre1.4.2_06

6. ポップアップメッセージを受信するには、メッセンジャーサービスを有効にし、開始することが必要です。(デフォルトでは無効)(*2)

7. 上記以外の注意事項については”PowerChute Business EditionをWindows XP Professional SP2及びWindows 2003 SP1で使用する際の制限事項・注意事項”をご覧ください(文書番号:040831194304KM)。(*2)

(*1) は、Windows Server 2003 R2, Enterprise x64 Edition, および Standard x64 Edition に該当します。
(*2) は、Windows Server 2003 R2, Enterprise Edition, Standard Edition, Enterprise x64 Edition, および Standard x64 Edition に該当します。

これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?