テクニカルFAQ

質問

構成事例:冗長電源を持ったサーバの電源保護

構成事例:冗長電源を持ったサーバでのUPSの使用

 

環境と背景

冗長電源を持ったサーバがあり、その冗長性を生かしUPSで電源を構成したい。
 
機器の構成
 
機器
台数
 1台当たりの最大消費電力(W)
Windows サーバ
(OS: Windows Server 2012 R2)   
1
450W x2
冗長化構成/電源2基
消費電力: 450W
(電源はN+1の冗長構成とする)

■イメージ図




■APC製品ソリューション
製品名
製品型番
数量
コメント
Smart-UPS 1500 LCDRM 2U 100V
SMT1500RMJ2U
2
最大出力容量:1500VA
※1: 500W時約19分バックアップを想定
Network Management Card 2
AP9630J
2
text
ダウンロード版
PowerChute Network Shutdown for Windows & Linux
SSPCNSWL1J
1
Windows&Linux版 ダウンロード用 1ライセンス 1年間アップグレードライセンス付き
※1: ランタイムはバッテリの消耗状態によって異なります

■選定ポイント

●ネットワーク経由でシャットダウンするならWindows対応「 PowerChute Network Shutdown 」がお勧め!
PowerChute Network Shutdownは、ネットワークベースのソフトウェアです。PowerChute Network ShutdownとNetwork Management Card 2が装着されたAPCのUPSとの相乗効果で信頼性を向上させ、ネットワーク上の最大50のコンピュータシステムを安全にシャットダウンすることが可能です。またWebブラウザを使用することにより迅速かつ簡単に個々のサーバシャットダウンに関する設定が可能です。さらに冗長電源に対応可能で2つのUPS(v3.1の場合最大4台のUPSを登録可能)が同時にバッテリ運転等になった場合にのみサーバを安全にシャットダウンすることが可能です。
PowerChute Network Shutdownはインストールサーバごとにライセンスが必要です。


■問題解決まで
  1. 各Smart-UPS (UPS#1と#2)に装着したNetwork Management Card 2にはそれぞれ異なるIPアドレスを設定します。
  2. 電源障害時にSmart-UPS (UPS#1)に装着したNetwork Management Card 2がPowerChute Network Shutdownにシャットダウン信号を送信します。
  3. PowerChute Network ShutdownがSmart-UPS (UPS#2)の状態を確認します。
  4. 両方のUPSがバッテリ運転になった場合にはPowerChute Network Shutdownが各サーバをシャットダウンします。
  5. Smart-UPS (UPS#1、#2共)が出力を停止することにより、サーバが完全停止します。
  6. 商用電源復旧時にSmart-UPS (UPS#1、#2共)が起動、出力を再開します。
※ 電源障害時にネットワークがダウンしないようにルーターもUPSで保護する必要があります。


■!さらにこんなことも・・・
  • UPSや電源に関するイベント発生時に、設定したSNMP Trap通知先・E-Mail通知先への通知が可能です。
  • WAP対応の携帯電話経由でステータスの監視が可能です。
  • リモートよりUPSの監視、管理(On/Off/リブートなどの制御)とサーバのシャットダウンが可能です。
  • スケジュール設定によってシステムの自動シャットダウンとリブートが可能です。
  • SSL/SSHに対応し、セキュリティーも万全
これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?