テクニカルFAQ

質問

PowerChute Business Editionのシャットダウンのスケジュール時刻直前の操作と記録に関する注意事項

ここではPowerChute Business Editionでシャットダウンのスケジュール設定を行った際の予定時刻直前の注意事項について記述しています。

 

PowerChute Business Editionでシャットダウンのスケジュール設定を行った場合には、
通常設定した時刻の10分前になると、 "設定されている管理上のシャットダウンがxxxx(マシン名)で開始されました。" とログされ、
Consoleのステータスディスプレイでは、シャットダウンが行われるエージェントのステータスが「シャットダウン待機中」となります。

このログされる時間(シャットダウン開始の10分前)後にマシンの再起動を行ったり、Agentのサービスが停止していたので「開始」にするなど、残り時間10分未満でサービスが開始された場合、
Consoleのステータスディスプレイでは、スケジュールシャットダウンが行われるAgentのステータスは「正常」のまま変更されません。
しかし、実際はシャットダウンスケジュールは動作しており、シャットダウン時刻が来るとOSのシャットダウンを開始します。

上記のように、シャットダウンの "開始時刻の10分前" よりあとにサービスの再起動がされた場合は、
ステータスが「シャットダウンの待機中」になりませんので、このシャットダウンをキャンセルすることはできません。

以上のことから、スケジュール運転の待機中にサービスの再起動を伴うOS再起動等の動作を行った場合は設定時間になるとOSがシャットダウンされることにご注意ください。

これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?